F3マカオグランプリのエントリーリスト発表。新生FIA-F3規定の30台がそろう。日本人は角田が参戦

 11月14〜17日に開催される第66回マカオグランプリに向け、大会組織委員会は10月18日に開催レースのエントリーリストを発表した。2019年からFIA-F3のシャシーで争われるFIA F3ワールドカップは、30台がエントリー。日本人ドライバーは角田裕毅が参戦するほか、マカオGP連覇中のダニエル・ティクトゥムがエントリーした。

 今年で66回目の開催となる伝統のマカオGP。2018年まではそれまでF3規定として使われていたダラーラF31Xシリーズとマルチメイクエンジンで争われてきたが、2019年からは新たにヨーロッパで開催されるFIA-F3のダラーラシャシーが使用されることになった。

 そのため、2018年からは顔ぶれが変わり、FIA-F3参戦チームがほぼそのまま参戦することになり、顔ぶれも多くが共通するドライバーが参戦する。ただしチームとドライバーの組み合わせは多少変わっている。

 参戦するドライバーのラインアップを見ると、チャンピオンを獲得したロバート・シュワルツマンをはじめランキング2位のマーカス・アームストロング、3位のジェハン・ダルバラと、SJMセオドール・レーシング・バイ・プレマの3人をはじめ、4位でスーパーフォーミュラデビューも決まったユーリ・ビップス(ハイテック・グランプリ)も参戦する。

 そのビップスのチームメイトに決まったのが、レギュラーシーズンはイェンツァー・モータースポーツから参戦していた角田裕毅。シーズン後半戦で結果を残してきた角田が、初のマカオでどんな戦いをみせるのか楽しみなところだ。

 また注目といえるのは、2017〜18年とマカオGPで連覇を果たしたダニエル・ティクトゥムの参戦。今季レギュラーシーズンには名取鉄平を走らせていたカーリン・バズ・レーシングから参戦することになった。

 シャシー、エンジンともに変わりどんなレースになるか注目だが、規定変更によりこれまで積極的に参戦していた全日本F3選手権勢が参戦しないことになった。日本人ドライバーも現段階では角田ひとりとなっている。

第65回マカオグランプリのFIA F3ワールドカップを制したダニエル・ティクトゥム
角田裕毅(イェンツァー)
角田裕毅(イェンツァー)

2019 第66回マカオグランプリ
FIA F3ワールドカップ エントリーリスト

No Driver Nat Team
2 マーカス・アームストロング NZL SJMセオドール・レーシング・バイ・プレマ
3 ジェハン・ダルバラ IND SJMセオドール・レーシング・バイ・プレマ
5 ロバート・シュワルツマン RUS SJMセオドール・レーシング・バイ・プレマ
6 ユーリ・ビップス EST ハイテック・グランプリ
7 マックス・フュートレル GBR ハイテック・グランプリ
8 角田裕毅 JPN ハイテック・グランプリ
9 クリスチャン・ルンドガルド DNK ARTグランプリ
10 フェルディナント・ハプスブルク AUT ARTグランプリ
11 セバスチャン・フェルナンデス ESP ARTグランプリ
12 オリバー・キャルドウェル GBR トライデント・モータースポーツ
14 デイビッド・ベックマン DEU トライデント・モータースポーツ
15 TBA TBA トライデント・モータースポーツ
16 ジェイク・ヒューズ GBR HWAレースラボ
17 キーファン・アンドレス IRN HWAレースラボ
18 TBA TBA HWAレースラボ
19 ルーカス・ダナー AUT MPモータースポーツ
20 リアム・ローソン NZL MPモータースポーツ
21 TBA TBA MPモータースポーツ
22 TBA TBA イェンツァー・モータースポーツ
23 レオン・ホン-チオ MAC イェンツァー・モータースポーツ
24 アンドレアス・エストナー DEU イェンツァー・モータースポーツ
25 カラム・アイロット GBR ザウバー・ジュニアチーム・バイ・シャルー
26 ダビド・シューマッハー DEU ザウバー・ジュニアチーム・バイ・シャルー
27 エンツォ・フィッティパルディ ITA ザウバー・ジュニアチーム・バイ・シャルー
28 ローガン・サージェント USA カーリン・バズ・レーシング
29 フェリペ・ドルゴビッチ BRA カーリン・バズ・レーシング
30 ダニエル・ティクトゥム GBR カーリン・バズ・レーシング
31 アレッシオ・デレーラ ITA カンポス・レーシング
32 TBA TBA カンポス・レーシング
33 TBA TBA カンポス・レーシング