「現行クラウン2.0RSを真なる大人のスポーツセダンに昇華させる」BLITZが簡易ブーストアップを敢行!

「現行クラウン2.0RSを真なる大人のスポーツセダンに昇華させる」BLITZが簡易ブーストアップを敢行!

ポン付けでブーストアップできる「パワスロ」も用意!

日本が誇る15代目クラウンRSを楽しむチューニングパーツ!

2018年6月にフルモデルチェンジしたクラウン。15代目を迎えた日本専用の高級サルーンは、従来のグレード展開から大きな変化を遂げ、スポーティ仕様は「RS」となった。

もちろん、日本の道路を快適に走ることを念頭に開発されながらも、トヨタの新しいプラットフォーム「TNGA」に基づく低重心フォルムを持ち味に、ワインディング走行が楽しめるようにとニュルブルクリンクで鍛えられたリニアなハンドリングを魅力とする。

パーツメーカーのブリッツは、そんなクラウンの2.0L直噴ターボ搭載モデル“2.0RS”をデモカーとして迎え入れ、真なる大人のスポーツセダンを目指してトータルチューニングを敢行。ツボを押さえたメイキングにより、強豪揃いの欧州サルーンも追撃可能な速さを手に入れたのだ。

早速、クラウン2.0RS用にブリッツが開発した最新パーツを見ていこう。まず心臓部には、完全カプラーオンのお手軽装着でブーストアップできるパワスロ(3万8000円)をインストール。純正ECUを生かした制御を行っているため、安全にパワーアップできるのも魅力だ。社内テストでは、ノーマルから約10.3㎰上乗せとなる227.6㎰を実測で記録。全域でトルクを上乗せしているのもポイントだ。

心地良いサウンドを奏でるニュルスペックカスタムエディション(8万8000円〜)は、テールエンドの着せ替えが可能な次世代型マフラーだ。メイン60φ-50φ×2で、テールは114.3φの左右出しレイアウトとなる。もちろん保安基準適合モデルだ。

用意されているテールエンドは、シンプルなステンレスカラーのVSと鮮やかなチタン調カラーのVS-R、そして鮮やかなカーボンレッド(現在開発中)の3種。ドライバーの感性や気分に合わせて、マフラーカッターを交換する感覚で気軽にイメチェンを図れる。

信号待ちのたびにエンジンが停止、始動するアイドリングストップ。燃費向上には貢献するが、エアコンやヒーターをしっかり効かせたいなど煩わしいと感じる状況もある。そんな悩みを解消できるキャンセラー(7800円)も開発済み。ノーマル復帰が簡単にできるのもうれしい。

足回りは、32段の減衰力調整機構を備えた全長調整式のフルスペック車高調『ダンパーZZ-R(15万7000円)』を用意。ストリートからサーキットまで幅広く対応できる懐の深さを備える。スプリングレートはフロント10kg/mm、リヤ8kg/mmとなる。

デモカーに装着されているホイールは20インチのエンケイRS05RR(FR8.5J+36)で、タイヤにはダンロップヴューロVE303(FR245/35-20)だ。

クラウン2.0RSをさらなる高みへと引き上げたいと願うなら、ブリッツのアイテム群を見逃す手はないだろう。

●問い合わせ:ブリッツ TEL:0422-60-2277

絶賛発売中!

ハイクラス・チューニングマガジン「オプション エクスクルーシブ」

ここで紹介したクラウンをはじめ、OPTION誌にはなかなか登場しない国産ハイエンド車種、およびアウディやVWなどの輸入車のチューニング&カスタム情報をお届けする、別冊ムック『オプション エクスクルーシブ』が絶賛発売中だ。一歩先行く大人系のチューニング誌、お見逃しなく!