グッドイヤー、東京モーターショー2019において未来を提示するコンセプトタイヤを展示

グッドイヤー、東京モーターショー2019において未来を提示するコンセプトタイヤを展示

グッドイヤーのEVコンセプトをレクサスが採用

日本グッドイヤーは、10月23日から11月4日にかけて、東京ビッグサイトにおいて開催される第46回 東京モーターショー2019への出展概要を発表した。今回のグッドイヤーブースは「”Freedom to Move” ーモビリティの未来はもっと自由だー」をテーマに、自由で多様なモビリティ社会への新たな取り組みとして、これまで達成した数々の記録、未来に向けたコンセプトタイヤの展示などを行う。

また、東京モーターショー2019のレクサス・ブースでは、世界初披露されるEVコンセプトカー用にグッドイヤーが開発したコンセプトタイヤを公開する。このタイヤは、グッドイヤーが持つ空気力学の技術力を存分に駆使して開発したトレッドデザインとタイヤの断面形状を採用。その特徴のひとつが車体側のトレッド部分に採用した先進的なフィン。ビロード状の微細な毛で覆われたフクロウの羽のように働き、これが効果的な空気の流れを作ってEVモーターを冷却する。

空飛ぶ自動車用に開発されたタイヤを日本初公開

今回、グッドイヤー・ブースではジュネーブモーターショーで発表された「グッドイヤー エアロ(Goodyear Aero)」が日本初披露される。これは未来の空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤで、地上走行用タイヤとしても空を飛ぶためのプロペラとしても機能する「ツーインワンタイヤ」を模索したもの。

「エアロ」はタイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間および車両とインフラ間で伝達される情報を組み合わせるAIプロセッサーを採用。このAIプロセッサーは一連のデータを分析し、車両がフレキシブルに飛行または運転モードに切り替わることを可能としている。

サイドウォール内の苔により走行中に酸素を放出するタイヤ

さらに、2018年のジュネーブ・モーターショーで発表された「グッドイヤー オキシジェン(Goodyear Oxygene)」も展示。こちらはサイドウォール内に苔を生息させるというユニークなタイヤ。開放的なタイヤ構造と洗練されたトレッドデザインにより、路面から水滴や水分を吸収して循環させ、光合成を起こして空気中に酸素を放出する仕組みだ。

また「オキシジェン」は、リサイクルタイヤのゴムパウダーを3D印刷したエアレス構造を採用。軽量で衝撃吸収性のあるこの構造は、高い耐久性、寿命を延ばすためのパンクフリー、最小限のメンテナンスを実現し、安心できる移動手段を提供する。