「余裕のある大人にこそ相応しいチューンドR35GT-R」心臓部はブリッツ700Rタービンで武装!

「余裕のある大人にこそ相応しいチューンドR35GT-R」心臓部はブリッツ700Rタービンで武装!

生粋のGT-Rファンが辿り着いた正統派の800馬力仕様

吟味されたパーツセレクトにオーナーの拘りを感じる

老舗“フェニックスパワー”が手掛けた、R35GT-R2017年モデルベースのユーザーカーの登場だ。オーナーは何台もの第二世代GT-Rを乗り継いだ後、R35に移行した生粋のGT-Rファンだ。しかも、R35はこのマシンが3台目だと言うから驚く。

以前はエンジン本体にも手を入れたハイチューンドも構築したが、今回はエンジンノーマルのままブリッツのボルトオンターボシステムを装備。ブーストアップより確実に速く、それでいて扱いやすさを損なわない、800psのストリート仕様を完成させた。

そして燃料系はサードの295L/hポンプと900ccインジェクターで、さらに冷却系はトラスト製のタイプ29インタークーラーとパイピングで強化している。制御はECU-TEKを使ったオリジナルの『アプリケーションCPU』だ。

RH9の100φフルチタンマフラーはY字センターパイプからセットのモデルをセレクトすることで、排気効率を極限まで追求。4本出しのテールにはそれぞれにサイレンサーを設けることで、静粛性を高めると同時に、低音が効いたスポーツサウンドもその魅力だ。

足回りも高性能車高調の代名詞であるアラゴスタ製を奢り、加えてブレーキもエンドレス製のモノブロックキャリパーキットを装備する。

エクステリアは2017年モデル専用設計としたフェニックスパワーオリジナルのエアロシステムで武装。純正バンパー下部に装着するアンダースポイラーは大きな張り出しを与えて、空力効果を発揮させると同時に顔立ちの精悍さを表現。サイドも同様に純正下部装着タイプだが、エッジの効いたフォルムがスピード感を打ち出す。

フロントワイドフェンダーはkansaiサービス製をセレクト。そこに、21インチのアドバンレーシングGTとミシュランパイロットスポーツ4Sはストリート用として、サーキット走行を楽しむときは20インチのボルクレーシングTE37ウルトラとポテンザRE-71Rに履き替える。

リヤにはトップシークレットの新作『GTウイングST』を装備。車検対応サイズとしながら、高速走行時の安定性を飛躍的に高めることができる。なお、ボンネットもトップシークレット製を選択したエアロMIX仕様ながら、ハイスペック&ハイビジュアルなアイテムで構築したエクステリアは文句なしにカッコイイ。

「R35はエンジンが弱い…なんて都市伝説が一部ありますが、本体ノーマルのままタービン交換で800psを発生させても全く問題ありません。もちろん、補機のセットアップとセッティングがキモですけどね」とは横山さん。純正ECUを徹底的に解析し、各種セッティングツールを研究。これまでに数百台のチューニングを手掛けて蓄積したノウハウが、仕様に合わせた最適なセッティングを導く。

最近はセカンドユーザーが増えたR35GT-Rだが、フェニックスパワーではトラブルシューティングも得意としている。ピットには常に複数台のGT-Rがあり、ストック部品も多いため、トラブルの原因と思われるパーツを即座に交換して対応できる体制が整っているからだ。GT-Rをチューニングして楽しむに当たって、これほど力強く頼りになるショップはそうないだろう。

●取材協力:フェニックスパワー 福井店:福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157