ガスリー、トラブルを抱えながら8位獲得「ホンダや日本のファンのため、どうしても入賞したかった」:F1日本GP

 2019年F1日本GPで、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは予選9番手/決勝8位だった。9番グリッドからソフトタイヤでスタート、18周目にミディアムに交換する1回ストップで走行。後方から追いついてきたセルジオ・ペレスと接触し、ペレスがバリアにクラッシュするというアクシデントがあり、レース後、この件が審議された。しかし、どちらかのドライバーが全面的に悪いとはいえないとして、ペナルティは科されなかった。

 チームは、ガスリーのマシンのリヤサスペンションに問題が発生し、リヤのライドハイトとリヤタイヤの摩耗の面で影響が出ており、走りづらい状態だったと明かしている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選9番手(1分28秒836)/決勝8位
 今日の結果には大満足だよ! 今朝の予選ではQ3に進んで9番手を獲得した。今回はFP1とFP3を走らず、ほとんど準備する時間がないまま予選に臨んだから、ここまでの結果は予想していなかった。

 決勝のほとんどを7番手か8番手の位置で走った。ルノーとレーシングポイントの追い上げが激しくて、本当に大変だった。レース中盤、サスペンションに問題が出たために楽ではなかったが、ポジションを守るために全力を注いで走り続けた。激しいバトルも何度かあったけれど、トロロッソ、ホンダ、そして応援しに来てくれた日本のファンのために、なんとしてでも最後まで走り切りたかった。

 チームのためにポイントを稼ぐことができて心からうれしい。日本での入賞だからなおさらだ。今日一日の仕事に満足していいと思う。今後のレースが楽しみで仕方ないよ。

2019年F1第17戦日本GP日曜 レッドブル・ホンダ&トロロッソ・ホンダの応援フラッグ
2019年F1第17戦日本GP日曜 レッドブル・ホンダ&トロロッソ・ホンダの応援フラッグ