日本GPで2019年F1コンストラクターズタイトル決定の可能性。ハミルトンの王座は確定せず

 2019年F1コンストラクターズチャンピオンが、今週末の第17戦日本GPで決定する可能性がある。

 第16戦終了時点でポイントリーダーのメルセデスは571点、ランキング2位のフェラーリは409点を獲得している。日本GPを含めてシーズン残りレースは5戦。すでにランキング3位のレッドブル・ホンダ以下は、コンストラクターズタイトル獲得のチャンスを失っている。

 現在メルセデスを破る可能性を唯一持つのがフェラーリであり、両者の差は現在162点。メキシコ以降の4戦で1チームが獲得できる最大ポイントは176点であり、メルセデスは日本GPでフェラーリより14ポイント以上多く獲得すれば、王座を確定することができる。

 メルセデスが今年チャンピオンとなれば、2014年から6年連続の制覇となり、1999年から2004年のフェラーリ以来の偉業達成となる。

2019年F1第16戦ロシアGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)がワンツー達成、3位にシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1第16戦ロシアGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)がワンツー達成、3位にシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 一方ドライバーズ選手権では、現在ポイントリーダーのルイス・ハミルトンが322点、2位バルテリ・ボッタスが249点(ハミルトンと73点差)で続いている。日本GP前の時点で数字上、タイトルの可能性を残すのはランキング3位のシャルル・ルクレール(合計215点、ハミルトンと107点差)、4位のマックス・フェルスタッペン(合計212点、ハミルトンと110点差)、5位のセバスチャン・ベッテル(合計194点、ハミルトンと128点差)まで。

 日本GP終了後、残り4戦の時点で可能性を維持するには、ハミルトンとのポイント差を104点未満としなければならない。ボッタスは、日本GPの結果がどうであれ、タイトルのチャンスを持ち越すことができるため、日本GPでドライバーズチャンピオンが決定することはない。