年内に日本に導入予定の新型コンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」のティザーサイトがオープ【新車】

●ユーロNCAPの全カテゴリーで最高のスコアを獲得したコンパクトSUV「T-Cross」が日本上陸

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2019年内の日本国内発表が予定されているコンパクトSUVの新型「T-Cross(ティークロス)」のティザーサイトを10月7日から公開しました。また、サイト公開に合わせて全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーでは、新型「T-Cross」の特徴を解説するスペシャルリーフレットが配布されています。

フォルクスワーゲン Tクロス
フォルクスワーゲンT-Crossの走り

ティザーサイトでは、「T-Cross最速攻略」と題して新型T-Crossの特徴が視覚的に分かる構成になっています。また、全国の正規販売店(一部店舗を除く)でも、広げるとA1サイズになるポスタータイプのスペシャルリーフレットが配布され、新型T-Crossの魅力がさらに詳しく解説されています。表面では同SUVの特徴をユニークな比喩を使って分かりやすく紹介されていて、裏面はフォルクスワーゲンや新型T-Crossを全方位的に解説する用語辞典になっています。

同SUVには、導入特別仕様の「T-Cross TSI 1st(ファースト)」「T-Cross TSI 1st Plus (ファーストプラス)」の2つの仕様を導入。

フォルクスワーゲン Tクロス
フォルクスワーゲンT-Crossのリヤビュー

パワートレインは、直列3気筒1.0TSIエンジンを搭載。生産モジュール方式「MQB」をベースに、このクラスで最小レベルのコンパクトなボディでありながら広々とした居住性と広大な荷室スペースを両立したとしています。

フォルクスワーゲン Tクロス
フォルクスワーゲンT-Crossのインパネ

さらに「MQB」によって、以前は上位セグメントのクルマにしか採用されていなかった多くのドライバーアシスタンスシステムを搭載。2019年5月には、ヨーロッパで実施されている自動車安全テスト、ユーロNCAP(European New Car Assessment Programme:ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)において、小型車セグメントに属する新型T-Crossは、全てのカテゴリーにおいて最高のスコアを獲得しています。

フォルクスワーゲンTクロス
フォルクスワーゲンT-Crossのリヤシート

ボディカラーは全8種類で、ミラーとアルミホイールがアクセントカラーになっている「Design Package」を採用することで、導入予定の2グレード合計で、21種類の内・外装の組み合わせの中から選択できるそうです。※写真は欧州仕様です。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

新型「T-Cross」ティザーサイト
https://sp.volkswagen.co.jp/t-cross