「これぞ真の現代版ハチロク!」3S-GEエンジン+6速MTのパッケージでトラブルフリーを実現!

「これぞ真の現代版ハチロク!」3S-GEエンジン+6速MTのパッケージでトラブルフリーを実現!

3Sエンジン+6速MT化で現代版ハチロクの完成だ!

長く安心してAE86ライフを満喫したい人へ

小振りなボディにFR駆動というパッケージを採用するAE86は、長年ドライバーを育てる手頃なベース車として親しまれてきた。「頭文字D」などの影響もあり、近年では中古車相場が高騰してしまったが、それでもハチロクを求める人は後を絶たない。

とはいえ、エンドユーザーのハチロクに対する欲求は十人十色だ。カリカリの4A-Gチューンでサーキットを走りたい人もいれば、ドリフトで楽しもうと考える人もいる。なかでも近年増えているのが、過激なチューニング内容ではなく、ハチロクでスローなカーライフを満喫したいという40代のリターン組。ここで紹介するハチロクは、そんな需要に応えるべくC&Yスポーツが製作した3S-Gエンジン仕様のハチロク、通称“SE86仕様”だ。

エンジンは4A-Gではなくアルテッツァに搭載される3S-GEを換装。完全なノーマルエンジンだが、VVT-i付きの2.0Lユニットは軽くチューンド4A-Gを超えるポテンシャルを持っている。さらに、4A-Gとは違い、当面パーツ供給の心配がないという安心要素も魅力のひとつだ。

なお、ハチロクのエンジンルームに搭載するためにスロットルまわりの向きなどは加工されている。

エンジンハーネスやECUもアルテッツァ用を丸ごと移植。配線類まで新しくすることで、旧車に起こりがちな電気系のトラブルを抑制する。

ミッションもアルテッツァの6速MTだ。シフト位置が若干後方にズレるためセンターコンソールを微妙に後退させて対応しているのはC&Yスポーツらしいこだわりだ。あえてチューンド指数を下げるために、インテリアはノーマルのまま仕上げられている。

細かなことを言うと、エンジン重量が増えるために若干ハンドリングがダルになるというデメリットはあるが、その他のメリットを考えると非常に良い仕上がりだ。

3S-GEエンジンは耐久性が高いことはもちろん、スポーツインジェクションやボルトオンターボ仕様など発展性も豊富だ。この“SE86仕様”を出発点にして、もう一度ハチロクチューンを楽しんでいくというのもアリだろう。

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325