長らく慣れ親しんだ「あのクルマ達」がまもなく販売店から消える理由とは?

●自動車メーカー各社の顔でもあったモデルが相次いで生産終了へ

これまで自動車各社を支えてきたクルマ達が年内に生産を終え、国内市場から姿を消そうとしています。

トヨタ自動車では「エスティマ」(1990年〜)が10月、「マークX」(1968年〜)が12月、日産自動車では「キューブ」(1998年〜)が12月、三菱自動車では「パジェロ」(1982年〜)が8月にそれぞれ生産を完了。

各車が生産を終了する背景には電動化や自動運転などの技術開発に向け、莫大な費用を要することから、販売台数が少なくなった車種を絞り込む必要が出て来たためのようです。

トヨタ マークX
トヨタ マークX

各種情報によると「天才タマゴ」のキャッチフレーズで登場した大型ミニバン「エスティマ」はサイズが大きく、高価格だっため販売で苦戦。その後のSUV充実により、姿を消すことに。

また4ドアセダンのマークX(前身はマークⅡ)は当時のハイソカーブームに乗って販売を伸ばしましたが、セダンタイプの需要が減少したことなどから51年もの長い歴史に幕を下ろすことになり、今後は「カムリ」に統合されるようです。

日産 キューブ
日産 キューブ

小型トールワゴンの日産「キューブ」は同タイプの軽自動車台頭のため、また三菱「パジェロ」は販売台数の減少に加え、新たな歩行者保護基準への対応に向けた構造変更で投資が嵩むため。

三菱 パジェロ
三菱 パジェロ

各社共に販売車種を絞り込んで先進技術の導入やサービス向上に繋げる狙いがあるようですが、その一方で長らく慣れ親しんだクルマ達が消えて行くのは何だか寂しい限りです。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ、日産、三菱)