創業100周年記念の特別仕様車『シトロエンC3 AIRCORSS SUV ORIGINS』

 2019年7月に日本上陸を果たした、シトロエンの最新コンパクトSUV『C3 AIRCROSS SUV』に、同社の創業100周年を記念した特別仕様車の第3弾、『C3 AIRCROSS SUV ORIGINS(C3エアクロスSUV オリジンズ)』が登場。10月1日から発売開始となっている。

 シトロエンの主力ハッチバックとして、PSAグループが熟成してきたPF1プラットフォームを活用した『C3』に対し、その名のとおり同じシャシーを用いながらクロスオーバー的なデザインと車高が与えられたのが、この『C3 AIRCROSS SUV』となっている。

 今回の特別仕様車のベースとなったのは上級グレードのSHINEで、そのSHINEパッケージに相当する17インチアロイホイール、グリップコントロール、カラーマルチファンクションディスプレイ、リアロールアップブラインドを追加装備。

 このグリップコントロールは、兄弟ブランドでSUVを展開するプジョー『2008』やその上級車種にも展開される機能で、FFモデルでありながらスノーモード、マッドモード、サンドモードなどを備え、悪路走破性を向上させると同時に、5%以上の下り勾配では時速30km/h以内にスピードコントロールを行ってくれるヒルディセントコントロールも備えている。

精悍なブラック基調のルーフやルーフレールに対し、特徴的なリヤクォーターパネルはホワイトのストライプをチョイス
各部のブロンズアクセントに加え、テールゲートにはエンブレムステッカーをプラス

 その『C3 AIRCROSS SUV』に、ブランドの初代ダブルシェブロンをモチーフとした100周年記念ロゴマークをフロントドアに配し、ビンテージ感溢れるブロンズのテーマカラーを内外装にちりばめ、ポップなかわいらしさのなかにシックなカラーアクセントを融合。独自の魅力を持つモデルに仕立てられている。

 エクステリアではドアミラー、ヘッドライトベゼルにブロンズアクセントを入れ、テールゲートにはエンブレムステッカーをプラス。精悍なブラック基調のルーフやルーフレールに対し、特徴的なリヤクォーターパネルはホワイトのストライプがチョイスされている。

 一方のインテリアもブロンズカラーが反復され、ダッシュボードやファブリックコンビネーションシートのステッチに採用。その前席にはオリジンズロゴ入りシートタグも入れられた。

 パワートレインは定評ある1.2リッター直列3気筒直噴ターボ(110PS/205Nm)の“ピュアテック”に6速トルコン式のEAT6を組み合わせ、価格は消費税10%込みで295万4000円。

 販売は2019年のみとなり、発売日から3カ月間は全国のシトロエンディーラーに家族、友人(ペットも参加可能)の合計年齢が100歳±10歳で来場すると、3インチミニカーセット(6台入りコフレ)がプレゼントされる“シトロエン みんなで100歳キャンペーン”も実施されている。

インテリアもブロンズカラーが反復され、ダッシュボードやファブリックコンビネーションシートのステッチに採用
スノーモード、マッドモード、サンドモードなどを備えるグリップコントロールとヒルディセントコントロールも備える

シトロエン コール TEL:0120-55-4106