【MotoGPコラム】ヤマハの災難とドゥカティ復活の理由。実はライフが短いミシュランタイヤのハードスリック

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーのMotoGPコラム。第14戦アラゴンGPではヤマハ勢がタイヤに苦戦する一方で、アラゴンは苦手とされているドゥカティ勢が復調を見せていた。その理由は何なのか。オクスリーが解説する。

ーーーーーーーーーー

 ヤマハは第14戦アラゴンGPで散々な1日を過ごしていたし、スズキも同様だった。1周目でアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)がフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)に接触して転倒させたのだ。一方、ドゥカティは第12戦イギリスGPと第13戦サンマリノGPでは無残なレースをしたが、ここでは良いレースをしていた。

 ドゥカティはどうしてアラゴンで調子が良かったのだろうか?(アンドレア・ドヴィツィオーゾのドゥカティ・デスモセディチGPが時速約346.1km/hを出した最速のバイクであり、マルク・マルケスのホンダRC213Vより時速約5.9km/h速かった事実は別として)アラゴンは大部分がロングコーナーで、通常はデスモセディチGPが強さを出せるところではない。バイクのバンク角は多くの時間深くなり、そのせいでタイヤを傷めてしまう。

 もしかしたら、バンク角が深い時間が長いことが、ドヴィツィオーゾがあれほど強かった理由かもしれない。なぜならドヴィツィオーゾはタイヤ管理の名手であるからだ。

10番手スタートから2位表彰台を獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)
10番手スタートから2位表彰台を獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)

 ドヴィツィオーゾは2017年から2018年までに10回優勝しているが、それはドヴィツィオーゾがスロットルを駆使してホイールスピンを最小限に抑えることに長けていることが大きい。そのためドヴィツィオーゾのタイヤは、重要な終盤の周回においてライバルたちよりもラバーが残っているのだ。

 2019年、ドヴィツィオーゾが2勝しかしていない理由は、2019年のミシュランのリヤスリックが丈夫で長く保つことが主な理由だろう。そのことがドヴィツィオーゾのタイヤを労わるスキルを無効にしてしまっているのだ。しかし、こうしたスキルがアラゴンではふたたび役に立った。

 週末の間、ほとんどのチームはリヤタイヤを労わるために初めの3速のトルクを大幅に抑えていた。しかしタイヤライフの大部分はライダーの手にかかっていた。

 マルケスのように、ドヴィツィオーゾとジャック・ミラー(プラマック・レーシング)はソフトのリヤスリックを選んだが、それはロングコーナーのある高速でグリップのあるコースに対しては愚かな選択だったかもしれない。

 だがほとんどのライダーとチームは、今ではミシュランタイヤの挙動を理解している。ソフトのリヤタイヤはよりグリップがあるため、スピンしにくい。理論上、ハードのリヤタイヤは長くもつはずだが、グリップが少ないためスピンが多くなり、したがって長くはもたない。もちろんこれはコースによる。

終盤、2番手を走るビニャーレスに迫ったドヴィツィオーゾとミラー
終盤、2番手を走るビニャーレスに迫ったドヴィツィオーゾとミラー

「ミシュランは各レースにタイヤを持ち込んで、僕たちはどのタイヤがどの温度範囲で機能したかという書類を書くことになっている」とミラーは語った。

「僕の経験では、ソフトで走行するとよりグリップが得られる。タイヤをスピンさせすぎずに、適切に扱えばだけどね。酷使せずに、あまり力をかけないようにするんだ」

 ミラーは決勝レース最後の9周でドヴィツィオーゾの後ろを走行していたが、その間に多くを学んだという。

「アンドレアはいくつかのコーナーでは僕よりも少しタイトに走り、より加速を得ていた」とミラー。

「それに対して僕の方は、コーナーに進入する際にスピードを出しすぎてワイドに走り、スロットルを開けるのが少し早すぎた。一旦、アンドレアが僕を追い抜いて、僕はやるべきことを理解した。特に丘の上の4、5、6コーナーでだ。アンドレアは縁石にぴったり沿って進み、僕より多くのグリップを得ていて、かなり小さいトルクで、距離を短くしようとしていた」

■苦戦のヤマハ勢。問題は「セッティング」だとロッシ

 ミラーはヤマハのレースが台無しになっていくのを目撃したことで、さらにいっそう学ぶことになった。ミラーはレースの半分以上でマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)の近くにいた。

 ビニャーレスはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ロッシ、モルビデリら3人のヤマハライダー同様、ハードのリヤスリックで走行していた。これは変わった選択だった。

 予選日にヤマハのライダーたちはソフトのリヤタイヤを試していたが、グリップが急速に落ちることが分かった。そのためにレースではハードタイヤが選択された。しかし決勝日は大幅に気温が下がったため、ソフトタイヤがより適した選択肢だったのは確かだ。

予選は好調も決勝では徐々に後退していったヤマハ勢
予選は好調も決勝では徐々に後退していったヤマハ勢

「マーベリックが僕を追い抜いた時、彼はかなりスピンしていてだいぶ煙が上がっていた」とミラーは付け加えた。

「ハードは数周なら素晴らしいよ。でもタイヤからグリップがなくなってしまう。だからマーベリックは僕に追いつくためにタイヤをさらにスピンさせ始めた。レースの最後には、マーベリックのタイヤの左側面にはラバーが残っていなかったね」

 一方、ロッシはさらにトラブルに見舞われ、8位まで順位を落としていたのだ。「5周を終えたところでリヤのグリップが大きく落ちたから、スローダウンしなければならなかった」とロッシは説明した。

セッティングに問題ありと語るバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
セッティングに問題ありと語るバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

「タイヤの問題というよりは、セッティングの問題だと思う。スライドすることが多かったし、タイヤのエッジでスライドすると、さらにタイヤを傷めてしまう。だから解決策を見つける必要がある」

 ブリーラムで行われる次戦第15戦タイGPで、マルケスは7年間で6度目のタイトルを獲得するかもしれないし、ヤマハのライダーもそれほど苦戦することはないかもしれない。ミシュランは特別仕様のハード寄りのタイヤを、この超難関コースに持ち込むからだ。

 2018年のタイGPでビニャーレスとロッシは優勝争いに絡んだが、優勝したマルケスにビニャーレスは0.3秒、ロッシは1.5秒の差をつけられたのは、それが理由だ。アラゴンでロッシはマルケスから23秒遅れでフィニッシュした。

 ヤマハは2019年シーズンに改善を見せているが、まだ先は長いようだ。