北米マツダ、新型TCRカー『マツダ3 TCR』をアンベイル。2020年IMSAデイトナ戦でデビュー予定

 北米マツダが運営するマツダ・モータースポーツは10月1日、世界的に広がりをみせているTCR規定に適合した新型ツーリングマシン『マツダ3 TCR』を世界初公開した。

 開発が進められていることが伝えられていた『マツダ3』のカスタマー向けツーリングカーが2020年のトラックデビューに先駆け、ついにその姿をみせた。マツダは、数年前からWTCR世界ツーリングカーカップなど世界各地で開催されているTCRシリーズに参入するのではとの憶測がなされており、この数カ月でベース車がいま、同ブランドでもっとも売れているハッチバックモデルのマツダ3となる可能性が高いと目されてきた。

 今回お披露目された新型マシンは、それらの予想が正しかったことを証明するものとなっている。

 このマツダ3 TCRは、マツダが主宰するワンメイクシリーズ『グローバルMX-5カップ』用マシンを手掛けるロング・ロード・レーシングが開発および、サポートを担当。パワートレインには350馬力を発揮する4気筒ターボエンジンと、6速パドルシフトのトランスミッションが採用されている。

 また、デザインはマツダが誇る“魂動デザイン”の最新版が取り入れられ、すべてのデザイン作業がカリフォルニア州アーバインのマツダデザイン・アメリカで進められたという。

 すでにTCR規定の公認を取得しているマツダ3は、同規定を採用している世界36のシリーズに参戦することが可能で、日本でもカスタマーチームが導入すればTRCジャパンシリーズや、ピレリスーパー耐久シリーズのST-TCRクラスなどでその姿を見ることができるはずだ。

 なお、マツダは今回のアナウンスのなかで同車のレースデビューについても言及しており、現時点では2020年1月26日に始まるロレックス24のサポートレース、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジに参戦するかたちで公式戦に初登場する予定だ。

 そのデビュー戦に臨むドライバーのひとりめには2019年グローバル・マツダMX-5カップのチャンピオンを獲得したブライアン・オルティスが決定済み。しかし、新型TCRを走らせるチームについては公表されていない。

「TCRはマツダ3のプロモーション機会となる同時に、我々のブランドユーザーにマツダ車で参加できる新しいレースを提供する絶好の機会です」と語るのは、マツダ・ノースアメリカ・オペレーションズ会長兼CEOの毛籠勝弘氏。

「IMSAシリーズやSROモータースポーツ・グループのTCアメリカで記録したもっとも重要な成功のいくつかは、熱心な顧客がマツダとのレースを選んだことによるものです。マツダの次世代レーサーがマツダ3 TCRで同じ可能性をみせてくれることを願っています」

 マツダモータースポーツの責任者を務めるジョン・ドゥーナンは「マツダ3は優れたデザインとエンジニアリングで知られており、新型TCRの素晴らしい基盤となっている」とコメントした。

「私たちは数シーズンにわたってIMSAミシュラン・パイロット・チャレンジに戻ることに興奮しており、2020年に復帰できることをマツダ関係者全員が楽しみにしている」

「もちろんIMSAだけでなく、TCアメリカや世界中のTCR選手権でのマツダ3 TCRの活躍を心待ちにしているんだ」

マツダモータースポーツが発表した新型レーシングツーリングカー『マツダ3 TCR』
マツダモータースポーツが発表した新型レーシングツーリングカー『マツダ3 TCR』
マツダ3 TCRの開発はロング・ロード・レーシングが担当。車両デザインはマツダデザイン・アメリカで行われた。
マツダ3 TCRの開発はロング・ロード・レーシングが担当。車両デザインはマツダデザイン・アメリカで行われた。
マツダモータースポーツが発表した新型レーシングツーリングカー『マツダ3 TCR』
マツダモータースポーツが発表した新型レーシングツーリングカー『マツダ3 TCR』
マツダ3 TCRは2020年1月末、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ第1戦デイトナ4時間レースでレースデビュー予定。
マツダ3 TCRは2020年1月末、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ第1戦デイトナ4時間レースでレースデビュー予定。
マツダ3 TCRの開発はロング・ロード・レーシングが担当。車両デザインはマツダデザイン・アメリカで行われた。
マツダ3 TCRの開発はロング・ロード・レーシングが担当。車両デザインはマツダデザイン・アメリカで行われた。