電動ツーリングカー『ETCR』にホンダ車も登場か。ヒュンダイは自社製『ヴェロスターN ETCR』シェイクダウン

 ヒュンダイ・モータースポーツは、ハンガロリンクで同社初となるフル電動ツーリングカー『ヴェロスターN ETCR』のシェイクダウンを敢行。オントラックテストを成功裏に終え、初EVマシンのプログラムを順調にこなしたと発表した。また、ホンダ・シビック・タイプR TCRを製造するJASモータースポーツも、ETCRプラットフォーム用の電動ツーリングカー開発が準備段階にあることを示唆している。

 ヴェロスターN ETCRのテストは9月下旬に2日間のスケジュールで実施されたもの。ヒュンダイはステアリングを握ったテストドライバーが誰であるのか、その情報を一切明かしていないものの、車両設計や開発を担当したエンジニアたちが帯同し、ハンガロリンクでのシャシーバランス確認や、ミッドにマウントされた電動モーターの使用方法などが細かくチェックされた。

 現在このハンガロリンクは、TCR規定最高峰シリーズのWTCR世界ツーリングカー・カップと、TCRの源流を汲むTCRヨーロッパの両シリーズカレンダーに組み込まれており、4月に開催されたイベントでは、ヒュンダイ所属ドライバーが双方で勝利を飾っている。

 ヒュンダイ・モータースポーツでディレクターを務めるアンドレア・アダモは、新型ヴェロスターN ETCRのシェイクダウンテストを、次のようにふり返った。

「新プロジェクト最初のテストは、いつだって重要なマイルストーンになるものだが、このEVツーリングカーに関しては、さらに別の側面で重要な意味を持つステップとなった」

「我々にとって初となるこの電動競技車両は、ミッドシップ・モーターとリヤ駆動を採用した初のシャシーでもある。ここまでi30 N TCRやヴェロスターN TCRで、我々は強力なTCR規定ツーリングカーを世に送り出してきた」

「2020年を前に、このETCR規定向け車両のパッケージについて、より多くを学びたいと考えている」

9月のIAAフランクフルト国際モーターショーでラウンチされ、セアトの『クプラ e-Racer』に続くETCR規定2車種目のマシンとなった『ヴェロスターN ETCR』
ヒュンダイにとって、ミッドシップ・モーターとリヤ駆動を採用した初のシャシーにもなっている

 9月のIAAフランクフルト国際モーターショーでラウンチされ、セアトの『クプラ e-Racer』に続くETCR規定2車種目のマシンとなった『ヴェロスターN ETCR』は、今後も2020年のシリーズ開幕までに多くの開発プログラムを経る計画だという。

「今後数カ月は非常に忙しくなるだろう。我々には基本的にふたつの課題がある。ひとつはミッドシップ・リヤ駆動のツーリングカーシャシーの開発。そしてもうひとつが、電動コンポーネントからいかに効率良くパワーを取り出し、競技で効果的な電力使用を実現するかだ」

「しかしながら、今後のテストスケジュールが順調に進みさえすれば、我々はTCR規定での成功作に続き、新たなウイニングカーを供給することができるだろう」

 一方、WTCRではヒュンダイ・モータースポーツ製のマシンとライバル関係にあり、FK2、FK8と歴代ホンダ・シビック・タイプRをベースとしたTCR規定ツーリングカーを開発してきたJASモータースポーツも、すでにETCRプログラムの評価に取り組んでいることを明かした。

 かつて、アンドレア・アダモのボスでもあったJASモータースポーツ代表のアレッサンドロ・マリアーニは、2013年から2017年にかけてのWTCC世界ツーリングカー選手権、そしてTCR規定のFK2、FK8シビックRに続き、新たに電動ツーリングカー開発に乗り出す計画であると、ハンガリーのウェブサイト“”wtcblog.hu”に語っている。

「JASモータースポーツが、当初からエレクトリックTCRをターゲットとしたプログラムの評価を続けてきたことは事実だ。現時点で、我々のプロジェクトは最初のマシン設計段階にあるが、残念ながらこれ以上のことは言えないね」と明かしたマリアーニ。

 J.A.S自身は、この潜在的なETCRプログラムがホンダ・ブランドの車両で進むかどうかを明らかにしていないが、ここまでの経緯や将来的な可能性を考慮しても、ホンダとの関係性を維持しながら、電動ツーリングカー開発を進める選択肢が有力とみられている。

シャシーバランスとEVパワートレインの状況を把握し、さらに開発が続けられていく
現状、ホンダからの公式承認はないものの、シビックにフルEVグレードはなく『ホンダe』なども候補となるか