ポルシェ マカン ターボの予約受注開始。国内導入は右ハンドルの7速PDK仕様

ポルシェ マカン ターボの予約受注開始。国内導入は右ハンドルの7速PDK仕様

Porsche Macan Turbo

ポルシェ マカン ターボ

新型マカン ターボ、車両価格は1219万1667円

ポルシェ ジャパンは、新型「マカン ターボ」の予約受注を2019年10月1日より全国のポルシェ正規販売店を通じてスタートした。国内に導入されるマカン ターボは7速PDKの右ハンドル仕様となり、車両価格は税込で1219万1667円。なお、国内発売日は追ってアナウンスされる。

440psを発生する2.9リッターツインターボ採用

新型マカン ターボは新たに2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。先代モデルより20%ダウンサイズしながらも最高出力は10%向上となる440psを計上し、オプションのスポーツクロノパッケージを使用すると0 – 100km/h加速は4.3秒(先代モデル比マイナス0.3秒)、最高速は270km/h(同プラス4km/h)に達する。

Vバンクの内側に2個のターボチャージャーを配置するセンターターボレイアウトを採用。エキゾーストマニホールドはシリンダーヘッドに統合され、燃焼室とターボチャージャー間に設けられた短い排気経路によりパワーアップとダイレクトなレスポンスを実現した。

トランスミッションは7速PDKを用い、ポルシェトラクションマネージメント(PTM)4WDを通じて550Nmの最大トルクは路面に伝えられる。燃料消費率は9.8リットル/100km(NEDC)。

ブレーキシステムは“PSCB”を標準装備

PSCB(ポルシェ サーフェス コーテッド ブレーキ)は、ブレーキディスクに施されたタングステンカーバイドコーティングが革新的なブレーキシステム。従来の鋳鉄製ディスクと比べてレスポンが速いうえに摩耗は少なく、ブレーキダストは最大90%低減するという。PSCBはハイグロスのブレーキディスクとホワイトに塗装されたブレーキキャリパーが特徴で、標準装備の新しい20インチのマカン ターボホイール内に収まる。

足まわりではオプションで、PCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)や車高調整式エアサスペンション、PTVプラス(ポルシェトルクベクトリングプラス)を選ぶことも可能だ。

シリーズトップモデルにふさわしい内装

スムースレザー仕上げのレザートリム、アルカンターラルーフライニング、ブラッシュアルミニウムインテリアパッケージによって強調された高品質なインテリアを採用。18wayの電動調整機能を備えたアダプティブスポーツシートは標準装備、911由来のヒーター付GTスポーツステアリングホイールはオプションとして用意される。

10.9インチフルHDタッチスクリーン搭載のPCM(ポルシェコミュニケーションマネージメント)は14個のスピーカーと665Wの出力を誇るBOSEサラウンドシステムと接続。ボイスコントロールによるオンラインナビゲーションも可能。また、LTEテレフォンモジュール、外部SIMカード用スロット、Wi-Fiホットスポットなど、多数のPorsche Connectサービスが付属する。

【問い合わせ】

ポルシェ カスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911