レクサス、V8搭載『GS F』を一部改良。専用サスペンションの改良で“F”の走りを強化

 レクサスは10月1日、4ドアスポーツセダン『GS F』に改良を施し、同日より全国のレクサス店を通じて販売を開始した。

 レクサスGSをベース車両とするGS Fは、『日常からサーキットまで、シームレスに走りを楽しめる』という“F”フィロソフィーの追求によって、2015年に誕生した4ドアスポーツセダン。

 力強く、かつ滑らかなレスポンスを実現する5.0リットルV型8気筒エンジンを搭載するこのモデルは、優れた剛性を持つボディやコーナリング時に理想的な車両挙動を可能とする駆動力制御システム“トルクベクタリングデフ”などを採用し、日常的な使用に留まらず、サーキット走行をも楽しめるFモデル高性能セダンとして、レクサスブランドのスポーツイメージを牽引している一台だ。

 今回アナウンスされた一部改良では、そんなGS Fに備わる専用チューンドサスペンションにさらなる手が加えられた。具体的には、ステアリングブッシュの剛性を高めることでドライバーの意図がよりリニアに伝わるようにセッティングされたほか、リヤトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により軽量化と高剛化が実現された。

サスペンション(フロント&リヤ)
サスペンション(フロント&リヤ)

 これらの改良は普段の走りでは安定したステアリング操作を確保した上で、サーキット走行時には限界域でのコントロール性を追求することで、“F”ならではのスポーツ走行をさらに進化させているという。

 この他、エクステリアではドアミラーとBピラーガーニッシュにブラックの配色を施し、アルミホイールも“F”を主張するマットブラックとすることで、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングを実現。

 あわせて、ブレンボ製ブレーキキャリパーはオレンジと新色のブルーから選択するかたちとなり、全8色の外装色と自由に組み合わせることが可能となった。また、インテリアでは内装色のブラック&アクセントホワイトの配色が変更され、従来と比べてホワイトのアクセントが際立たされている。

 パワートレインは5.0リットルV8自然吸気エンジン“2UR-GSE”と、8速スポーツダイレクトシフトの組み合わせとなるレクサスの高性能スポーツセダン『GS F』、駆動方式は2WDのみで希望小売価格は1144万円(10%税込)となっている。

F専用ブレーキキャリパー(ブルー)
F専用ブレーキキャリパー(ブルー)
軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)
軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)
レクサスGS F/インテリア(ブラック&ホワイト)
レクサスGS F/インテリア(ブラック&ホワイト)
配色の変更によってホワイトのアクセントがより一層際立たされたブラック&ホワイトの内装色
配色の変更によってホワイトのアクセントがより一層際立たされたブラック&ホワイトの内装色