GM、Amazonの“アレクサ”を車載システムに導入。クラウドベースのAI音声サービスを展開

GM、Amazonの“アレクサ”を車載システムに導入。クラウドベースのAI音声サービスを展開

GMとAmazonがコラボし新たな車内サービスを展開

ゼネラルモーターズ(以下、GM)は、大手ECサイトのAmazonと提携。Amazonがスタートしているクラウドベースの音声サービスAlexa(アレクサ)を用いた車載用の「Alexa Auto」を、2020年上半期以降にGMの乗用車、トラック、クロスオーバーで利用可能にすると発表した。

GMの調査では、顧客の多くが自宅と車内で同じサービスを利用したいと考えていることが判明。GM車の音声サービスにはAlexa Auto SDK(アレクサ・オート・ソフトウェア開発キット)が採用されており、ユーザーはAlexaの標準的な能力や機能を利用できているが、今回のコラボレーションによってかつてないほど幅広いモデルにAlexa Autoを導入することが可能になった。

GMグローバル・コネクテッド・サービス担当副社長のサンティアゴ・チャモロは語る。

「GMのソフトウェア更新対応のアプリケーションフレームワークおよび車載ネットワーク機能により、すでにGM車を所有しているお客様に対しても、その車両の機能を拡張できる新たなテクノロジーを提供することができます。我々は常にお客様のご意見に耳を傾け、お客様の望むような音声サービスを提供するべく尽力しており、Alexaの導入もその一例です」

豊富かつ進化するインフォテイメントシステム

Alexa Autoの導入により、ドライバーは簡単な音声コマンドでニュースの確認などのインターネット操作、自宅の照明や空調といったスマートホーム機器の操作、ネットショッピングの利用など、何万もの機能をクルマを運転しながら活用できる。

GMはさらに車内体験を拡張する以下の3つの機能を提供する。

ナビゲーション:Alexaに特定の住所や目的地などへの道順を尋ねることで、Alexaが自然言語を用いて互換性のある車載ナビゲーションシステムやOnStar社のTurn-by-Turnナビゲーションとシームレスに連携。

メディア:Alexaに特定の曲やアーティスト、音楽ジャンル、放送局、あるいはオーディオブック、ポッドキャストを指定することで、Alexaが利用可能なストリーミング・サービスを通じて指示を実行。

電話:Bluetooth経由で電話とペアリングし連絡先をAmazonと共有。Alexaに音声入力することで電話をかけるよう指示する。

AmazonのAlexa Auto担当副社長を務めるネッド・キュリックは「お客様は、すでにご自宅でのAlexaに満足されており、間もなく外出時にもクルマでAlexaを連れていけるようになります。GMとの提携により、お客様がより便利に、より楽しく、より豊かにつながるよう支援できることを喜ばしく思います」と述べる。

GMは2018年に“Key by Amazon”を利用した車内配送サービスおよびAlexa向けの一連のコネクテッドカー機能の運用を開始しており、サービス対象の都市で数多くのシボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの対応モデルが利用中。Alexa Autoの導入は新たな、そして最新のAmazonとのコラボレーションとなる。