「常識に捉われない唯我独尊のスーパーワイドNSX見参」外装はセリカヘッドライト移植、心臓部はNOSで武装!

「常識に捉われない唯我独尊のスーパーワイドNSX見参」外装はセリカヘッドライト移植、心臓部はNOSで武装!

フェイスリフトで車種不明のスーパースポーツへ!

常識に捉われない唯我独尊のメイキング!

世界に通用する性能とスタイルを目指し、ホンダが本気で作ったスーパーカー“NSX”。中古車相場は相変わらず高値をキープしているが、それでも多くのカスタムフリークたちから愛され続けているベース車両だ。

ここで紹介する1台は、大阪のNSX専門店ソーサリーが手がけたユーザーチューンドで、ただ市販エアロを組み合わせるのではなく、ワンオフパーツ盛りだくさんの超個性派仕様に仕上げられている。

ここまで激しくモディファイされていると、置きイベント専用のショーカーに見えてしまうがそれは大きな勘違い。サーキットタイムをコンマ1秒でも短縮しようとダウンフォースを追究した結果、辿り着いたのがこのワイドルックだった。実際に岡山国際サーキットでは、このワンオフボディの効果によってタイムアップを果たしている。

まず、ダウンフォースを稼ぐためワンオフ製作されたフロントバンパーは、アンダーカバーやカナードまで備えた本格派。ZZT231セリカのヘッドライトを使って大胆なフェイスリフトを慣行するなど、魅せる要素にも拘っている。

インパクトを狙ってドアの開閉はガルウイング仕様となる。このフォルムだとガルウイングも嫌味がなく自然に見えるから不思議だ。

スパルタンに仕上げられたリヤまわりもワンオフ製作されたもの。リヤディフューザーによりフロア下を流れる空気を積極的に排出。当然ながらGTウイングもセットされ、そうした積み重ねで、岡山国際サーキット1分48秒をたたき出す速さをゲット!

流れるようなラインが美しいワイドフェンダーも、空気を味方に付けるデザイン。これだけの迫力を醸し出しつつ、公認を取得していて堂々と街乗りできるというから凄い。サーキットの往路はもちろん自走だ。

リヤをカーボンパネルで覆っているため後ろ視界はゼロに等しい。そこで活躍するのがリアルタイムで表示されるバックモニター。グローブボックス位置に美しくインストールされているのだ。

エンジンはNSXチューンの名手エスプリの手によってチューニング。ドーピングとしてNOSが投入され、N2O噴射時の最大出力は400psに到達する。

足元を飾るブラックのホイールはボルクレーシングTE37で、タイヤにはポテンザRE55S(F245/40-17 R285/35-18)をセット。

スーパーGTマシン真っ青のワイドボディは速く走るためのスーパーウエポン、美しさと速さを両立したこのエアロはまさに“機能美”という言葉が相応しいクオリティだ。

(OPTION2 2008年2月号より)

●取材協力:ソーサリー 大阪府堺市北花田3-36-6 TEL:072-258-1009