ボッタス、メルセデス1-2に貢献「希望を捨てず、あらゆる戦略について検討してレースに臨んだ」:F1ロシアGP

 2019年F1ロシアGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは2位を獲得した。4番グリッドスタートだったが、セバスチャン・ベッテルのリタイアによるバーチャル・セーフティカー導入中に、チームメイトのルイス・ハミルトンとともにピットインしたことが有利に働いた。シャルル・ルクレールからプレッシャーをかけられながら、最後まで抑えきってメルセデス1-2を達成した。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位
 ずいぶん久しぶりの1-2だ。チームメイトと一緒に表彰台に立てて気分がいいよ。チーム全体にとってさらなるモチベーション向上につながる心強い結果だ。

 今回1-2は難しいだろうと予想していたが、不可能ではないと考えていた。それで今朝、あらゆる戦略の選択肢について話し合った。今日はチームとしてとてもいい仕事をしたと思う。

 昨日苦しんでいたことを思えば、最高の結果だ。フェラーリのマシンは週末を通して速かった。今日も彼らの方が速かったと思う。だから1-2を達成できたのは、その他のすべてのエリアで僕らが最高の仕事をしたからなんだと思う。

 序盤に(カルロス・)サインツにひっかかってかなりタイムを失ったし、ミディアムタイヤでは思うようなタイムを出せなかった。でもソフトを履いたセカンドスティントでは、かなりよくなった。

 セーフティカー後のリスタートでプレッシャーを感じたが、うまく状況をコントロールすることができた。

 フェラーリはこの数週間で大きく進歩した。だから僕らも日本に向けて改善を図る必要がある。また戦うのを楽しみにしている。