ネイキッドスポーツバイクの「スズキ ジクサー 250」が日本初公開【東京モーターショー2019】

●スズキ・ジクサーの250ccモデルが日本初公開

「ジクサー SF 250」と同様に、日本初公開となるスズキ「ジクサー 250」のネイキッドスポーツバイクが東京モーターショー2019に参考出品されます。

ジクサーは2014年8月にインド市場で販売が開始された150ccのスポーツ二輪車。参考出品車の「ジクサー 250」はグラマラスなデザインが特徴で、力強い加速性能、優れた燃費性能を両立したとしています。

サイズは、全長2010mm×全幅805mm×全高1035mm。同コンセプトバイクを提案することで、スズキは、若年層からベテランライダーまで幅広い層に訴求できるか確認したいそう。

スズキ ジクサー 250
コンセプトモデルの「スズキ・ジクサー250」の外観

搭載されるのは、249ccの4ストローク油冷SOHC単気筒エンジンで、インド仕様スペックは最高出力25.6PS、最大トルク2.26kg-mです。

スズキ ジクサー 250
薄型のLEDヘッドライトを新開発

デザインは、専用新設計で極限まで薄くしたというLEDヘッドライトに、従来モデルのジクサーの力強い造形を継承。「GSX-R750」に搭載された世界初の油冷エンジンを進化させた新型油冷エンジンを搭載。

こちらは、2015年の東京モーターショーに参考出品されたコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィールフリーゴー)」に採用されたエンジン。ほかにも、MotoGpで培われた軽量化およびフリクション低減技術が採用され、高出力や低燃費、高耐久性などを実現しているそうです。

(塚田勝弘)