レッドブルF1代表「スタート位置を考えれば4位&5位は最大の結果。マックスとアレックスのオーバーテイクは見事だった」

 2019年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位、アレクサンダー・アルボンは5位でフィニッシュ、ダブル入賞を達成した。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表 クリスチャン・ホーナー
 今日はドライバーがふたりともいいパフォーマンスを見せてくれた。マックスは9番グリッドからスタートして4位を獲得、今日可能な最大の結果を出した。レース序盤には素晴らしいオーバーテイクを繰り返して、ポジションを上げていった。終盤のペースは堅実なものだったが、トップ3にチャレンジするには十分でなかった。

 アレックスはピットレーンからとてもいいレースをしてくれた。成熟した走りで、何度か見事なオーバーテイクを披露し、順位を上げた。ピットレーンから5位フィニッシュというのは非常に印象的なレースだ。

 4位と5位は今日達成可能な最大の結果だったと思う。次は日本GPだ。ホンダのホームレースを楽しみにしている。

2019年F1第16戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第16戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)