FIA-F2第11戦ロシア レース2:ベルギーの悪夢よぎる大クラッシュ、巻き込まれた松下は病院へ。約50分の中断を経て優勝はギオット

 9月29日、2019年FIA-F2第11戦ロシアのスプリントレース(決勝レース2)が開催され、ルカ・ギオット(ユニヴィルトゥオーシ)が優勝。日本の佐藤万璃音(カンポス)は15位、大クラッシュに巻き込まれた松下は命に別状はないようだが、背中を強打しているようで病院に緊急搬送。トップも見えたレース展開だったがリタイアすることになってしまった。

 レース1同様に晴れ渡ったソチは、気温21.7度、路面温度25.1度のドライコンディションで21周のレース2を迎えた。

 リバースグリッドにより先頭はレース1で8位だったニキータ・マゼピン(ART)、以降2番手にジャック・エイトケン(カンポス)、是が非でも優勝したい松下は3番手、4番手にセルジオ・セッテ・カマラ(ダムス)と続く。そして17:25、レースはスタートした。

 1周目、松下とマゼピンが接触し、バリアの緩衝材がコースに散乱するほどの大クラッシュが発生、観衆の脳裏に第9戦ベルギーの悪夢が呼び起こされるとともに、赤旗が即座に掲示される。

 ホールショットを奪ったマゼピンだったがターン2でブレーキミスしオーバーシュート、後方の松下はコースに留まり、ターン3を加速して立ち上がる。

 このとき、2番手のエイトケンもターン2でオーバーシュートし、ターン3左のエスケープからコースへ戻ろうと加速、しかし同様に後方から加速してきたマゼピンの左サイドに接触。

 接触されたマゼピンはコントロールを失い松下の左サイドに接触。なす術なく松下はターン4右のウォールに突き飛ばされ、右フロントから斜めに刺さるように激しくヒット。

 コントロールを失った他車に巻き込まれてしまった松下はここでレースを終えることになってしまった。

 なお松下とマゼピンは病院に搬送され命に別状はなく、骨折は無かったとFIA F2の公式ツイッターは伝えている。

 ドライバーの救護とコース修繕のため約50分の中断を経て、15周のレースとして3周目から再開。ギオットを先頭にカラム・アイロット(ザウバー・ジュニアチーム)、ニック・デ・フリース(ART)、ニコラス・ラティフィ(ダムス)の順に続く。

 直後、レース1で年間王者を決めたデ・フリースがアイロットをパスし2番手へ。一方で首位ギオットは1.266秒のリードをつけ逃げ切りを図る。

 8周目、ペースの良い上位3台は後方を引き離す。ギオットとデ・フリースは0.627秒差、その0.920秒後方にアイロットがつける。そして4番手セッテ・カマラとアイロットには2.5秒以上の差がついた。

 なお同じタイミングでミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)がトラブルでリタイアしている。

 デ・フリースは貫禄の走りでギオットを1秒以内の差で猛追。残り3周では0.433秒差にまで詰め寄り、この僅差を維持してファイナルラップへ。

 そしてギオットがリードを守りきってトップチェッカー。シーズン3勝目となる優勝を飾った。2位にはデ・フリース、3位にはアイロットが入り、日本の佐藤は15位でフィニッシュしている。

 次回、シーズン最終ラウンドとなる第12戦アブダビは約2ヶ月のインターバルを経て11月29〜12月1日に開催される。

松下信治(カーリン)は命に別状はなかった
松下信治(カーリン)は命に別状はなかった

■FIA-F2第11戦ロシア 決勝レース2 リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap Start Pos.
1 8 L.ギオット ユニ ヴィルトゥオーシ 15Laps 5
2 4 N.デ・フリース ART 0.712 8
3 11 C.アイロット ザウバー・ジュニアチーム 1.672 9
4 6 N.ラティフィ ダムス 3.383 7
5 7 Z.グアンユー ユニ ヴィルトゥオーシ 3.820 10
6 5 S.セッテ・カマラ ダムス 7.336 4
7 10 S.ゲラエル プレマ・レーシング 10.343 11
8 20 G.アレジ トライデント 13.108 13
9 16 J.キング MPモータースポーツ 14.851 12
10 22 A.マルケロフ BWTアーデン 16.769 20
11 15 J,エイトケン カンポス 23.898 2
12 21 R.ボシュング トライデント 26.558 14
13 12 M.イサーキャン ザウバー・ジュニアチーム 27.414 18
14 1 L.デレトラズ カーリン 31.933 6
15 14 佐藤万璃音 カンポス 36.472 16
16 18 T.カルデロン BWTアーデン 43.570 15
17 17 M.ラフーナサン MPモータースポーツ 1’01.506 17
9 M.シューマッハー プレマ・レーシング DNF 19
3 N.マゼピン ART DNF 1
2 松下信治 カーリン DNF 3