TCRジャパンシリーズ第4戦岡山:Hitotsuyama Racingのアウディと篠原拓朗が週末を制圧

 TCRジャパンシリーズ第4戦は9月28日にサタデーシリーズが、29日にサンデーシリーズが行われ、篠原拓朗(アウディRS3 LMS)がサタデーシリーズ、サンデーシリーズともポール・トゥ・ウインを飾り、第4戦岡山ラウンドでほぼパーフェクトな週末を送った。

■第4戦 サタデーシリーズ

 専有走行を経て、迎えた9月28日のサタデーシリーズ。10時35分にスタートした予選開始直後、ポツポツと雨が降り出しウエット宣言が出るなか、一度赤旗中断となる。その後、10時46分に走行は再開されるが、チェッカーに向けてタイムを上げ、1分36秒530をマークしトップタイムを記録したのは篠原。終盤にタイムを上げた前嶋秀司(アルファロメオ・ジュリエッタTCR)が2番手に、3番手には密山祥吾(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が、マシュー・ホーソン(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が4番手につけた。

 全日本F3選手権やスーパーフォーミュラの予選を経て、迎えた16時からのサタデーシリーズ決勝は、篠原がポールポジションからリード。2番手に抜群のスタートでジャンプアップした金丸ユウ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)、3番手に前嶋が続く。一方1コーナーでは接触があったか、ホーソンがコースアウトしてしまった。

 リードを広げる篠原の後方では、金丸と前嶋がバトルを展開。HIROBON(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)、密山とバトルを展開していく。2周目にはヘアピンで前嶋が2番手に浮上するが、前嶋はジャンプスタートがあったとしてまさかのドライブスルーペナルティが課されてしまった。また、密山もドライブスルーペナルティを受けてしまった。

 これで楽になった篠原はそのままリードを広げると、盤石の走りでチェッカーを受け、嬉しいTCRジャパンシリーズ初優勝を遂げた。今季これまで悲運に恵まれていただけに、周囲からも祝福を受け笑顔をみせた。

 2位争いは金丸にHIROBONが接近したが、金丸が順位を守りそのまま2位でフィニッシュ。密山とのバトルを勝ち抜いた松本武士(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が3位でフィニッシュ。ジェントルマンクラスの優勝は4位フィニッシュのHIROBONとなった。ただ、レース後金丸は最低地上高違反により失格。松本が2位、HIROBONが総合3位となっている。

TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ スタート
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ スタート
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ リードを広げる篠原
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ リードを広げる篠原
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 松本武士は2位でフィニッシュとなった。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 松本武士は2位でフィニッシュとなった。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ HIROBON
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ HIROBON
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ マシュー・ホーソンは1コーナーで接触しコースアウトを喫した。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ マシュー・ホーソンは1コーナーで接触しコースアウトを喫した。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 金丸ユウは2位でフィニッシュも失格に。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 金丸ユウは2位でフィニッシュも失格に。
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 暫定表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ 暫定表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ ジェントルマンクラス表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦サタデーシリーズ ジェントルマンクラス表彰台

■第4戦 サンデーシリーズ

 明けて9月29日の8時30分からスタートしたサンデーシリーズの公式予選では、途中ポール・イップ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が1コーナーでコースアウト。赤旗中断をはさむことになった。そんななか、サタデーシリーズを制した篠原が7周目に1分36秒477をマークし、サタデーシリーズに続きポールポジションを獲得した。

 2番手につけたのは前嶋で、密山が3番手に。金丸、松本、ホーソンというトップ6となった。ジェントルマンクラスはHIROBONが7番手につけている。

 13時38分にスタートが切られたサンデーシリーズの決勝では、ポールポジションの篠原が「回転数がわずかに落ちてしまいました」とわずかに遅れ、前嶋、そしてストレートで接触しながら密山が2番手に浮上。前嶋、密山、そしてオープニングラップのパイパーコーナーで金丸をかわしポジションをひとつ戻した篠原と続く。

 篠原は2周目のヘアピンで密山をかわすと、3周目のダブルヘアピンで前嶋をオーバーテイク。トップに浮上する。また、3周目に松本とホーソンの激しいバトルが展開され、HIROBONも接近。さらにYOSHIKI(アウディRS3 LMS)もこの集団に接近した。ただ、そのバトルの中にいたHIROBONはジャンプスタートによりドライブスルーペナルティを課せられてしまった。一方、松本は4番手を走る金丸に接近。6周目には松本が金丸をかわし、4番手に浮上した。

 トップに立った篠原は、そのままファステストラップを更新しながら逃げ切り、4分860秒差をつけサタデーシリーズに続き連勝。岡山ラウンドを制圧した。2位はジェントルマンクラス優勝となった前嶋で、3位は密山という結果に。4位に松本、5位に金丸という結果となった。

「自分でも嬉しいのと、安心したのが半々ですね。今週末は専有走行もトップで、予選でもポールポジションを獲れ、決勝でもファステストを獲れたので、ほぼ完璧な週末を送ることができました。本当に良かったです。チームの皆さんに感謝しています」と篠原は安堵の笑顔でコメントした。

TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズのスタート
TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズのスタート
篠原拓朗(アウディRS3 LMS)
篠原拓朗(アウディRS3 LMS)
密山祥吾(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)
密山祥吾(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)
松本武士(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)
松本武士(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)
TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズの表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズの表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズのジェントルマンクラス表彰台
TCRジャパンシリーズ第4戦岡山 サンデーシリーズのジェントルマンクラス表彰台