大型ミニバンに求められる良好な居住性と積載性、シートアレンジの操作性の高さも美点【フォルクスワーゲン・シャラン試乗記】

●アルヴェルを超える全幅でゆとりのある室内空間を実現

フォルクスワーゲン・シャランに待望の2.0L TDI(ディーゼルエンジン仕様)が追加されました。ここでは、同ミニバンの魅力についておさらいしたいと思います。

フォルクスワーゲン シャラン
フォルクスワーゲン・シャランのTDI仕様

全長4855×全幅1910×全高1765mm(ディーゼルエンジン仕様)という堂々たるボディサイズをもつシャラン。日本を代表するミニバンの雄であるトヨタ・アルファード/ヴェルファイアは、全長4945×全幅1850×全高1950mmで、全長と全幅はひとまわりアルファード/ヴェルファイアが上回っていますが、全幅では60mmもシャランの方がワイドになっています。

スライドドアではありますが、日本の都市部などの狭い駐車場や道路事情を考えるとサイズ的に厳しいという方もいるでしょう。

フォルクスワーゲン シャラン
フォルクスワーゲン・シャランのリヤビュー

しかし、このサイズさえ許容できる地域にお住まいなら、ワイドな全幅によりキャビンも横方向にゆとりがあり、2列シートは欧州車に多い3列平等なシート幅が与えられていて、2列目に大人が無理なく3人掛けできます。

フォルクスワーゲン シャラン
シャランの1列目シート

3列目は、セカンドシートがウォークインする「イージーエントリー機能」により楽に乗降できます。居住性は、身長171cmの筆者ならまずまずといえる足元、頭上空間の確保が可能で、東京と大阪間を往復するようなロングドライブでなければ実用になりそう。もう少し小柄な方であればより快適性が高まるはず。

フォルクスワーゲン シャラン
シャランのセカンドシート
フォルクスワーゲン シャラン
シャランのサードシート

実際には、3列目の使用頻度は少ないという方が多いはずで、3列目をフラットに格納すれば日常ユースには十分なラゲッジになり、2列目と3列目も格納すれば最大で2,297Lもの荷室容量が出現します。さらに、助手席の背もたれもフラットに前倒しできますから、2.95mの長尺物にも対応します。

フォルクスワーゲン シャラン
助手席の背もたれもフラットに前倒しできる

こうした積載性の高さ、容易なシートアレンジにより多人数乗車としてはもちろん、アウトドアやマリンスポーツ、ウインタースポーツなどアクティブな層からも支持されているというフォルクスワーゲン・シャラン。

フォルクスワーゲン シャラン
2列目と3列目をフラットに倒せば広大な荷室スペースに

今回加わったディーゼルエンジン仕様は、ガソリン車よりもトルク感があり、燃費の良さ、ロングドライブを可能にする「足の長さ」などの利点がありますから、距離を走るという方に打ってつけといえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)