ABTが手掛ける400hpのアウディ A1登場! さらに注目は専用設計のワイドボディキット【動画】

ABTが手掛ける400hpのアウディ A1登場! さらに注目は専用設計のワイドボディキット【動画】

ABT Audi A1 1of1

ABT アウディ A1 1of1

最高出力400hpにレーシーなワイドボディを装着

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)が、アウディ A1のスペシャルモデルを発表した。このA1は最高出力400hp(294 kW)の動力性能と19インチアロイホイールを装備している“だけ”ではない。その真骨頂は完全専用設計されたワイドボディキットにある。

今回、レーシングドライバーのダニエル・アプトが出演する、ダイナミックなレーシングルックを備えた「A1 1of1」の動画が公開された。ダニエル・アプトはABTスポーツラインの代表であるハンス・ユルゲン・アプトの息子で、現在フォーミュラEに参戦中。彼はA1 1of1のプロジェクトを先導している。

印象的なポリゴン・スプリット・デザイン

「A1 1of1」の独立型空力コンポーネントは、マッシブなワイドボディだけでなく、このクルマならではの特徴的なエクステリアを表現したもの。今回のプロジェクトに関しては、ABTスポーツラインが持つ専門技術を結集する必要があったと、ダニエル・アプトは振り返る。

印象的なカラーリングはエリック・アレクサニヤンによるポリゴン・スプリット・デザインを採用。アレクサニヤンは、スキーヤーであるジョン・オルソンのアウディRS6のエクステリアも担当している。この幾何学模様によって、独立型ワイドボディはさらに強烈な印象を見る者に与えることになった。

巨大なカーボン製リヤウイング、複数個のエアインテークを備えたカーボン製ボンネットフード、マットブラック仕上げの19インチABTスポーツ「ER-F」鍛造アルミホイールによって、アグレッシブなレーシングルックが完成した。特にホイールはゴールドのエアロリングとリーフシャッターデザインが採用されたことで、ダニエルが参戦するフォーミュラEマシンを思わせるものとなっている。

エンジンアップグレードメニューは400hpと240hpを用意

最高出力200hp・最大トルク320Nmを発揮する2.0リッター直4ターボエンジン・40 TFSIをベースに、最高出力は2倍の400hpを実現。迫力のサウンドは直径114mmのツインパイプとカーボン製テールを備えたステンレス製エキゾーストシステムによるもの。「音にはこだわり抜いた」とダニエルが説明するように、エキゾーストノートの調整はとことんまで突き詰められたという。

さらに走行パフォーマンスを向上させるために、ダニエルと開発チームは足まわりにH&R製サスペンション&スプリング、タイヤはミシュラン・パイロットSport Cup 2を装着した。また、ロールケージを備えたインテリアは、レーシーでありながらも豪華な印象を与えるアルカンターラを採用している。

ABTスポーツラインは400hpの最強仕様以外にも、240hp(176kW)へのパフォーマンスアップグレードやABTサスペンションスプリング、18インチABTスポーツ「GR」などを用意。また、今回のプロジェクトを率いたダニエル・アプトへのオマージュとして“DA”ステッカーや、彼が手がけたファッションコレクションも用意されている。