砲弾左右出し、ターボ専用左出し! SUVのリアビューをスパルタンに仕立てる名門柿本マフラー|ヴェゼルツーリング カスタム

ヴェゼルのターボモデルに
2タイプのマフラーを新設定!

KAKIMOTO RACING/GT box 06&S & class KR
カキモトレーシング/GTボックス06&S & クラスケーアール for ヴェゼルツーリング

マフラー ヴェゼル カキモトレーシング 柿本
いま、最も勢力的にマフラーを開発しているメーカー、カキモトレーシング。

ここ最近でも今回紹介するヴェゼル・ツーリング用のほかに、ジムニーシエラとC‐HR(1.2ℓターボ 2WD)用などを次々とラインアップ。今後、新型RAV4用も控えるなど、ますます目が離せない。

ミニバン&SUV向けには、主に2種類のマフラーが用意される。それぞれにキャラクターがあり、音・性能・ルックスのすべてを楽しむことができるこだわり派のためのクラスKRと、中低速トルクに加え高回転も視野に入れスポーティに開発されるGTボックス06&Sだ。

どちらのマフラーも、柿本改エキゾーストシステムの基本である“徹底的な性能追求”を掲げ、確実なポテンシャルアップを叶えてくれるのは間違いない。マフラーなら柿本改。これは、チューニング黎明期からの合い言葉だ。

GT box 06&S

ターボモデル専用左出しテール!

GTボックス06&Sは、ターボ車であるという優越感を得られる仕様。RSを含めたNA 車のマフラーは純正で右出しであるのに対し、あえて左出しを採用。片側出しにすることでターボ車感が薄れるのを、NA車とはテールの位置を変えてターボ車であることを主張しているのだ。

テールエンドのチタンのような焼き色コーティングに加え、tig溶接のウロコ状の模様などが精悍なリアビューを演出する。もちろんロゴ入り。

メインサイレンサーでは制御しきれない音量の抑制と、中低速のトルク向上を担う専用の中間タイコ。GTボックス06&Sの中間パイプ径は60φ。

高回転でのレスポンスアップを叶えるためメインサイレンサーはスリムな砲弾形状を採用。80φのカールテールと合わせ、スポーティな装いに仕立てる。
【PARTS SPECIFICATION_GTボックス06&S】
■価格:8万5000円
■適合:ヴェゼルツーリング

Class KR

スポーティな砲弾左右出し!


1.5ℓVTECターボを搭載したヴェゼルツーリングは、NA車と比べてフロア形状が若干変更。それに合わせて左右出しを採用したクラスKR。排気効率を意識した60→50φのレイアウトや、左右それぞれ96φの迫力あるテールエンドが、リアビューの存在感を引き立てる。

特殊コーティングでチタンのような焼け色を演出したテールエンドがスパルタンな印象を与えるクラスKR。柿本改の刻印が入るのもポイント。

排気の高音と外気の低音を整音させる伝統の二重ディフューザーテールを採用し、重低音を響かせる。96φのテールエンドを左右にレイアウトする。

中間パイプは、フランジ以降を60φとし、左右に分岐後を50φに設定。排気のレイアウトを考慮して、3ピース構造を採用している。

【PARTS SPECIFICATION_クラスKR】
■価格:11万5000円
■適合:ヴェゼルツーリング

スタイルワゴン2019年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]