「どちらも生産台数1000台以下! 貴重な80’sチューンドを捕獲!」スカイラインGTS-R+スタリオンGSR-VR

「どちらも生産台数1000台以下! 貴重な80'sチューンドを捕獲!」スカイラインGTS-R+スタリオンGSR-VR

オーナーの愛情がほとばしるピッカピカの極上コンデイション!

エクステリアはあえて純正で勝負!

何はともあれ、この2台のチューンド旧車を見ていただきたい。R31スカイラインとA187スタリオン、どちらも希少グレードなのだが、ピカピカで信じられないくらいコンディションが良い!

まず、R31スカイラインの方から。このクルマはGTS-Rというグレードで、当時市販車の最高峰であったグループAレースで勝つために投入されたホモロゲモデル。

生産台数はわずか800台で、専用タービンや等長ステンエキマニになどが装着されていた。当時の車両価格は340万円。オーナーは、このクルマを岐阜県のR31ハウスで購入し、納車時に同色オールペンしてもらったそうだ。ちなみに、このブルーブラックはGTS-R専用の特別カラーだ。

エンジンはストック状態をキープ。専用タービンや等長ステンエキマニにより、210ps/25kgmを発生するRB20DETユニットだ。外装に負けじとエンジンルームもとにかくピカピカなのだが、維持するために何をするわけでなく洗車のたびにウエスでキッチリ拭き上げている程度とのこと。

スイッチ類やモール、そしてウインカーなど、入手できる純正部品はできる限り新品に交換済み。そのため室内のキレイさもハンパじゃない。

純正オプションのホイールに似ているという理由で、ボルクレーシング・エボ4の18インチをセット。ブレーキキャリパーはフロントがS14用でリヤがR32用だ。

そして、A187スタリオン。こちらはGSR-VRというグレードで、いかついブリスターフェンダーが与えられ、心臓部には輸出仕様の2.6Lエンジンを搭載。生産台数は1000台に満たない貴重なマシンだ。

R31スカイラインはノーマルをキープしていたが、このスタリオンはエンジンチューンも本格的だ。直4 2.6LのG54BユニットにGT2835タービンを組み合わせ、最大ブースト圧1.5キロ時に350psを発揮! 2500rpmもまわっていればフルブーストが掛かるハイレスポンス仕様に仕上がっている。

また、壊れやすいエアフロはキャンセルして、F-CON VプロでDジェトロ化。インジェクターも4気筒シーケンシャルドライブ化している。チューニングパーツがないので、サージタンクやエキマニなどはすべてワンオフ製作だ。

マフラーは旧車らしさと個性を求めて砲弾デュアル出しをワンオフ。消音まで考えられているため、ストリート走行も全く問題ない。

どちらもエクステリアはノーマルに拘りつつ、気になるところに手を入れながら80’sチューニングカーライフを楽しんでいく。こういうスタイルは今後も増えていきそうだ。