ホンダ田辺TD土曜日インタビュー:PUトラブルのクビアトは再び新品投入。「かなり厳しい戦いになるが、調整を万全に行いレースに備えたい」/F1ロシアGP

 F1第16戦ロシアGP土曜日はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがフリー走行3回目のセッション中にコース上でストップし予選不参加。またレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは予選Q1でクラッシュを喫しタイムを計測することができなかった。決勝に向けてふたりのパワーユニット(PU/エンジン)の状況を田辺豊治F1テクニカルディレクターに聞いた。

—————————-

――フリー走行でクビアトにトラブルが起きました。
田辺豊治F1テクニカルディレクター(以下、田辺TD):まだ調査中ですが、パワーユニットが壊れました。詳細はここ(サーキット)では調べきれないので、HRD Sakura(栃木県の本田技術研究所)に返して調べることになると思います。

―国際映像の無線ではクビアトが「エンジン、エンジン」と言って、コース脇にマシンを停めました。
田辺TD:ドライバーが異常を感じて、すぐに停めてくれました。

―トラブルはICE(エンジン)ですか。
田辺TD:ICE周りです。

―設計に関わる不具合だと、今後のレースが心配ですね。
田辺TD:すでにスペック4はベルギーGPから使用していて、ほかのスペック4には同様の問題が起きていません。しかも、今日問題が起きたスペック4は昨日走り始めたばかりなので、基本設計に問題があるとは現時点では考えていません。ただし、まだ正確に分析していないので、詳細はこれからです。

―今シーズン、セッション中にパワーユニットのトラブルでコース上でストップしたのは、今回が初めてだと思いますが。
田辺TD:中国GPでクビアトのパワーユニットのデータに異常を発見してPU交換しましたが、あれはピットインした後のタイミングでした。今回のようにコース上で止まったのは、おそらく今年これが初めてだと思います。本当はコース上でストップするトラブルはゼロにしたかったんですが、残念です。

―クビアトが予選に参加しなかったのは?
田辺TD:ペナルティによる最後尾スタートが確定していたので、確実な交換作業を実施することを優先し、予選に出走しないことを選択しました。

 金曜日にもトラブルがあって、あまり走ることができておらず、土曜日もほとんど走っていないため、日曜日のレースはかなり厳しい戦いになると思いますが、彼にとってはここは母国グランプリなので、われわれとしてはパワーユニットのキャリブレーション(調整)などを万全に行い、レースに備えたいと思います。

■クラッシュしたアルボンのPUはダメージチェックが必要

2019年F1第16戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第16戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

―クビアトがもう1セット新しいスペック4を投入した理由は?
田辺TD:最終戦までの戦いを考慮して、同じスペック4を2セット、プールするために今回ロシアGPで新しいスペック4を入れました。しかし、そのうちの1セットが壊れたので、もう1セット、新品を入れるという選択肢しかなかった。

 しかも、最後尾スタートというグリッドペナルティをすでに受けているので、(ペナルティを受けないように)使用済セットのスペック4を使う理由はありませんでした。本来であれば、予選で少しでも走らせて、レースに向けて確認したいことがあったのですが、Q1までに間に合わないという状況になったので、予選への出場をあきらめ、日曜日のレースに備えました。

―予選ではレッドブルのアレクサンダー・アルボンがアクシデントに見舞われました。
田辺TD:こちらはパワーユニットのトラブルではないのですが、すでに走行したことがあるスペック4に交換して、日曜日のレースに備えたいと思います。

―アルボンのマシンには使用済のスペック4に載せ替えることになった理由は?
田辺TD:リヤからバリアに当たっていますが、外見上、パワーユニットにダメージがあるようには感じられませんでした。しかし、念のためにチェックしますので、今回のレースでは使用しません。

 ただし、壊れた車体側のパーツを交換する都合上、ピットレーンスタートとなるので、われわれのほうも使用済のスペック4のICEに、新品のMGU-H(熱エネルギー回生システム/ターボ含む)とMGU-K(運動エネルギー回生システム)を組み合わせることにしました。