新型カローラ/カローラ・ツーリングの新車装着タイヤとして横浜ゴムが「BluEarth-GT AE51」の納入を開始

●横浜ゴムのグローバル・タイヤブランド「BluEarth」が新型カローラの新車装着タイヤに採用

2019年9月にフルモデルチェンジを受けて、国内専用ボディ(ナロー/ショートホイールベース)をまといながらも、「TNGA-C」の採用などもあり3ナンバー化された新型トヨタ・カローラ/カローラ・ツーリング。

BluEarth-GT AE51
横浜ゴムのBluEarth-GT AE51が新型カローラのOEタイヤに選定

横浜ゴムは、同モデルの新車装着(OE)用タイヤとして、日本・ニュージーランド向けに「BluEarth-GT AE51」の納入を開始したと発表しました。装着サイズは215/45R17 87W。

トヨタ カローラ
新型カローラ(セダン)の外観

「BluEarth-GT AE51」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバル・タイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術が採用され、走行性能、快適性能、環境性能のすべてに優れる、高いグランドツーリング性能を持ったタイヤとしています。

トヨタ カローラ
新型カローラ・ツーリングのフロントビュー

同社は先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めていて、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

(塚田勝弘)