ボルボ初の完全電動化モデル「XC40 SUV」は、最も安全なクルマに

ボルボ初の完全電動化モデル「XC40 SUV」は、最も安全なクルマに

Volvo XC40 SUV

ボルボ XC40 SUV

“安全性のボルボ”自ら認める最大級に安全な1台

2019年10月に発表されるボルボ ブランドの市販車としては初のフルEV「ボルボ XC40 SUV」。内燃機を搭載しないモデルの開発はボルボにとって全く新しいチャレンジではあるものの、ボルボの伝統に則りもっとも安全なクルマとしてリリースされる。

フロントパートを完全に再設計し強化

「自動車を駆動する装置が電気モーターであろうと内燃機関であろうと、ボルボの自動車は安全でなければなりません」と、ボルボ・カーズの安全担当責任者のマリン・エークホルムは語り、「完全電動化されたXC40は、これまでに私たちが製造した中でもっとも安全な自動車の1台となります」と続けた。

オリジナルのXC40がもつ優れた安全基準に基き、エンジンを搭載しない状態でも他のボルボと同じように乗員の安全性を確保するため、フロント部分の構造を再設計し強化を行っている。万一の衝突の際にはXC40の乗員とバッテリーの双方を守るため、バッテリーは押出し加工したアルミ製フレーム内のセーフティケージで保護されるとともにボディ構造の中央部に埋設。バッテリー周囲のクランプルゾーン(衝撃吸収帯)として形成した。

一方リヤパートでは、電動パワートレインが車体構造に統合されることで衝突時のエネルギーを分散してキャビンから遠ざける工夫がなされている。

ADASセンサープラットフォームを採用

XC40にはボルボ車では初めて、ボルボ・カーズとVeoneer社が所有する合弁会社Zenuityが開発したソフトウェアとアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)センサープラットフォームを採用している。このプラットフォームは複数のレーダー、カメラ、超音波センサーで構成される最新の拡張可能なアクティブセーフティシステムであり、将来の自動運転技術導入に際しても優れた拡張性によって柔軟に対応するという。

ボルボ・カーズでは今後数週間のうちに完全電動化されたXC40の詳細を明らかにし、10月16日(現地時間)にXC40 SUVの初公開を予定している。