ギブリにもHVを追加! マセラティが電動化に向けたイノベーションプランを発表

ギブリにもHVを追加! マセラティが電動化に向けたイノベーションプランを発表

ブランド初のHVモデルはギブリから

マセラティは電動化を含めた中期的経営計画、イノベーションプランを発表した。

イノベーションプランの3本柱は「イタリア国内の生産拡大」、「全モデルの電動化」、「自動運転技術の高度化および拡充」。

ハイブリッドやバッテリー電動技術を搭載したマセラティのニューモデルは、これまで同様にすべてイタリア国内で生産する。拠点となるのはモデナ、カッシーノ、トリノ、(ミラフィオリおよびグルリアスコ)の各工場。

電動化プロセスを2020年に本格始動する予定で、まずはEセグメントセダンの「ギブリ」にブランド初となるハイブリッドモデルをラインナップする。

電動パワートレインを搭載するすべてのマセラティ車は、いずれも次世代のバッテリー電動技術にもとづく独創的な走行モードを設定し、EV走行距離を可能な限り長く確保して超高速充電にも対応するという。

待望の新型スポーツカーや次なるSUVの登場も

電動化プロセスの中で、完全なニューモデルも登場する。革新的テクノロジーと伝統的ブランド理念をあわせもつスポーツカーとして、2020年以降に生産を開始するという。製造は、2020年秋から電動化モデルの生産に向けて改修が行われるモデナ工場が担当する。

ブランドの成長を担う新たなSUVも計画中。カッシーノ工場に約8億ユーロ(約941億円)を投じて割りあてる新しい生産ラインは、2020年の第1四半期終わり頃にオープンし、プリプロダクション車両は2021年までにラインオフする予定という。

2007年にデビューしたグラントゥーリズモ、2009年のグランカブリオは生産終了の噂も聞こえていたが、「電動化し、今後もブランドの重要なポジションを担って」いくという。まったく新しく生まれ変わった2モデルの製造は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が8億ユーロ(約941億円)を投資しているトリノの生産拠点で行われる。

モデナ工場内にカスタマイズ・ワークショップを開設

自動運転技術については現行モデルのアップデートを含め、すべての新しいマセラティ車に搭載する予定。ハイウェイアシスト機能をもつ現在のレベル2から、ハンズ・オフ・アシスト機能つきのレベル3に進化する。

電動化やニューモデル、自動運転技術への新たな取り組みの一方で、マセラティは生産拠点としてイタリア国内を重要視しており、特にモデナは引き続き同ブランドの本拠地として戦略的な役割を担っていくという。同工場には環境負荷の低い塗装工場の建設も予定している。ここでは、顧客が自身のオーダーした車両が塗装されるプロセスを見学することも可能にする。

さらに新しいカスタマイズ・プログラムも開発中で、モデナ工場内に専用のカスタマイズ・ワークショップを設ける計画だ。

今回発表されたイノベーションプランは、2018年11月28日にFCAが発表した2019〜2021年にかけての50億ユーロ(約5882億円)の投資計画に基づくもの。FCAは、マセラティを含めて新型、既存モデル合わせて12車種の電動化車両を導入すると明言している。また、先ごろフルEVのフィアット500をミラフィオリ工場で生産すること、アルファロメオの新型プレミアムモデルをポミリアーノで生産することも発表された。