10年ぶりにラリー・ジャパン復活。2020年のWRCカレンダーに日本が名を連ねる

 9月27日、WRC世界ラリー選手権の2020年開催スケジュールが発表され、『Rally Japan(ラリー・ジャパン)』がリスト入り。2010年以来にWRCが日本で開催されることが決まった。

 WRCは公道を舞台に争われるラリー競技の世界最高峰で、ヨーロッパ各国やメキシコ、チリ、トルコなど世界各地を舞台に争われている。日本では2004年から2010年までの間、北海道を舞台にラリー・ジャパンとして開催されてきたが、2011年からは開催が途絶えていた。

 そんなWRCでは2017年にトヨタがワークスチームとして参戦を再開。ヤリス(日本名ヴィッツ)をベースとしたラリーマシン『トヨタ・ヤリスWRC』で復帰初年度に2勝を達成、翌2018年には年間5勝を挙げ、マニュファクチャラーズタイトルを獲得している。

 2019年シーズンも全14戦中11戦を終えた時点で、トヨタのオット・タナクが17ポイントリードでドライバーズランキング首位、チームとしては19ポイント差でトップを追う2位につけている。

 トヨタの活躍は国内の一般メディアでも取り上げられ、ラリー人気もふたたび高まっており、2010年以来のラリー・ジャパン復活開催を望む声も大きくなっていた。

 これに呼応するかのように、2018年1月にはWRC日本ラウンド招致準備委員会が発足。愛知県・岐阜県を中心としたイベントを2019年に開催するべく、活動が進められてきた。

 残念ながら2019年のカレンダー入りは叶わなかったものの、招致準備委員会はWRC開催前にFIAなどから視察を受ける“キャンディデートイベント”などを行うなど積極的に誘致活動を継続。今回、その活動が実を結び、9月最終週に行われたWMSC世界モータースポーツ評議会(ワールドモータースポーツ・カウンシル)の電子投票を経て、ラリー・ジャパンが2020年のカレンダー入りを果たした。

 発表されたスケジュールによれば、2020年のラリー・ジャパンは2020年11月19~22日にシリーズ最終戦となる第14戦として開催される予定だ。ここ数年のWRCはチャンピオン争いが激しく、最終戦までもつれることが多い。2020年はワールドチャンピオン誕生の瞬間を日本で見ることができるかもしれない。

 WRCプロモーターでマネージングディレクターを務めるオリバー・シースラは「ラリー・ジャパン復活は、ここ数年WRC日本ラウンド招致準備委員会が熱心に活動を続けてきたことの集大成だ」とコメントを残している。

「ラリー・ジャパンは2020年のWRCカレンダーに組み込まれた新イベントのなかでもっとも注目すべきものであり、シリーズ最終戦を飾るにふさわしいものだ」

「我々はWRCをヨーロッパ圏外でも開催し、シリーズのグローバル化を推し進める方針を採っている。10年に渡る中断を経て、ふたたび日本でWRCを開催することは、この流れを強化するもので、アジアマーケットでWRCの存在感を高めるものになる」

「去年行われたキャンディデートイベント(2018年の新城ラリー)にはおよそ5万人のファンが訪れた。そして、現在のWRCでは日本のメーカーであるトヨタが大活躍している。2020年のラリー・ジャパンが盛況になることは間違いないだろう」

FIAラリー・ディレクターのイブ・マトン(右)と握手を交わすRally Japan運営事務局長の高橋浩司氏(左)
FIAラリー・ディレクターのイブ・マトン(右)と握手を交わすRally Japan運営事務局長の高橋浩司氏(左)
左から日本自動車連盟モータースポーツ部長 村田浩一氏、国際自動車連盟会長 ジャン・トッド氏、招致準備委員会/株式会社サンズ代表 坂井正治、WRCプロモーター代表 オリバー・シースラ氏
左から日本自動車連盟モータースポーツ部長 村田浩一氏、国際自動車連盟会長 ジャン・トッド氏、招致準備委員会/株式会社サンズ代表 坂井正治、WRCプロモーター代表 オリバー・シースラ氏