CTCC第5戦:元WTCC経験者が躍動。ダリル・オーヤン、ぺぺ・オリオラがともに勝利

 中国大陸を代表するツーリングカー選手権、CTCCチャイナ・ツーリングカー・チャンピオンシップの2019年第5戦が寧波で開催され、9月14日の予選ではぺぺ・オリオラ(フォード・フォーカスCTCC)が日曜メインレースに向けポールポジションを獲得。同日のリバーススプリントではダリル・オーヤン(BAICセノヴァD50)がチームに今季初優勝をもたらすなど、元WTCC世界ツーリングカー選手権出身者が活躍を演じた。

 過去にも長安フォードFRDチームの助っ人ドライバーに起用された経験のあるオリオラは、今季2度目のインターナショナル・ワイルドカード枠でCTCCにエントリー。寧波国際サーキットでの公式練習から速さを見せ、2回のセッションともに最速タイムを刻むと、予選でもその勢いを維持して1分50秒253のトップタイムをマークした。

 その後方、コンマ8秒遅れで喰い下った同じく国際ワイルドカード枠のアレックス・フォンタナ(キアK3 2.0T)だったが、こちらはトラックリミット違反で最速タイムが抹消され、オリオラはさらに1秒近いマージンでポールを確保することとなった。

 このポール位置は日曜11時35分に開催されるメインレースに向けたものとなり、予選終了後の土曜14時からはこの予選トップ11のリバースグリッドによるスプリントレースが行われた。

 この土曜レース1でリバースポールの幸運を引き当てたのが予選11番手だったオーヤンで、かつてWTCCでは谷口行規のチームメイトとして、バンブー・エンジニアリングのシボレー・クルーズ1.6Tなどをドライブした香港出身ドライバーは、フォンタナのキアK3 2.0Tを従えて1コーナーでの首位を堅守していく。

 その後方では、SAICフォルクスワーゲン333レーシングのロドルフォ・アヴィラ(フォルクスワーゲン・ラマンドGTS)と長安フォードFRDのエース格であるレイニー・へ(フォード・フォーカスCTCC)がターン2で接触しスピン。車列中団まで下がるアクシデントが発生する。

 さらにオープニングラップでは6番手を争っていたマーティン・カオ(キアK3 2.0T)と、こちらもフォードのアンディ・ヤン(フォード・フォーカスCTCC)がヒットし、この隙に11番手スタートだったオリオラがカオの後方7番手にまで浮上。続く周回ではカオも仕留めて6番手にまで上がってくる。

2018年終盤戦にもチームに合流し、今季も2度目の助っ人参戦となったペペ・オリオラ(中央右)
土曜スプリントレースは、リバースポールの元WTCCドライバー、ダリル・オーヤンが制した
予選最速タイム抹消の憂き目にあったアレックス・フォンタナだったが、それが奏功しR1は3位表彰台に

 一方、先頭のオーヤンもフォンタナとテール・トゥ・ノーズのバトルを強いられペースの上がらないところに、選手権首位を行く3番手チャン・チェン-ダン(フォルクスワーゲン・ラマンドGTS)がその2台の背後に迫ってくる。

 そのペースにも助けられ、4周目にファン-カルロス・チュー(BAICセノヴァD50)を抜き去り5番手に浮上したオリオラは、同じ周にもう1台を仕留めて4番手へ。一方、かわされたファン-カルロスは実弟であるデヴィッド・チュー(BAICセノヴァD50)にも肉薄され、防戦一方の展開に。

 わずかな抵抗も虚しく、弟デビッドにも攻略されたファン-カルロスは、アンディ・ヤン(フォード・フォーカスCTCC)にも先行され7番手に後退。対照的に、フォード勢はこの寧波ラウンドに向けたマシンアップデートが効果を発揮し、力強いレースペースを刻んでいく。

 6周目にはチャン・チェン-ダンのインに飛び込んだオリオラがVWも抜き去り、表彰台圏内の3番手へ。一方、上位進出を果たしていた2017年CTCC王者のデヴィッド・チューは、5番手走行中に無念のマシントラブルに見舞われ、コースサイドでレースを終えることに。

 優勝戦線に絡みたいオリオラだったが、ファイナルラップ目前にフォンタナのキアをかわして2番手に浮上した頃には、オーヤンのBAICははるか2秒前方に。最終周でコンマ4秒差まで詰めたものの、オーヤンが先に9周のトップチェッカーをくぐり、BAIC北京汽車に今季初優勝をプレゼント。2位オーヤンに続き、フォンタナが3位に表彰台に上がった。

 日曜のメインレースも、前日のリバースからほぼ全車をなぎ倒したオリオラのスピードがそのまま維持され、ライト・トゥ・フラッグで14周のレースを制覇。2位にもチームメイトのヤンが入り、長安フォードFRDのフォーカス2.0T CTCCがワン・ツー・フィニッシュ。3位には東風起亜のカオが入っている。

 続くCTCCの2019年シーズン第7戦は、湖南省株洲市(しゅしゅうし)に位置する2014年新設のインターナショナル・サーキットを舞台に、10月26~28日の週末に争われる。

SAICフォルクスワーゲン333レーシング勢は、ワイルドカード枠のロブ・ハフ不在により精彩を欠く週末となった
日曜メインレースはアップデートを受けたフォーカス2.0T CTCCが快走を見せ、ワン・ツー・フィニッシュ
ペペ・オリオラもワイルドカード枠の仕事をまっとうし、表彰台の一番上に登った