スーパーフォーミュラの2020年開催日程変更。開幕戦は4月3~5日に鈴鹿で開催へ

 JAF日本自動車連盟は9月26日、8月22日付で公示した『2020年FIA国際スポーツカレンダー』の一部変更を発表した。全日本スーパーフォーミュラ選手権の2020年開催日程が変更されており、当初富士スピードウェイで行われる予定だった第1戦が、鈴鹿サーキット開催に変更されている。

 オリンピックイヤーとなる2020年のスーパーフォーミュラ開催スケジュールについては、シリーズを運営するJRP日本レースプロモーションが7月13日に暫定版として、4月4~5日に富士で開幕し、10月30~11月1日に鈴鹿で最終戦を迎える全7戦のカレンダーを発表していた。

 8月末にJAFが公示したFIA国際スポーツカレンダーにも同じ内容で記載されていたが、9月26日にスケジュールの変更が発表され、第1~2戦の開催地と第2戦開催日程が変更されている。

 今回発表されたスケジュールでは、2020年のスーパーフォーミュラ開幕戦は4月3~5日に鈴鹿で行われ、第2戦は当初発表されたものより1週間早い4月17~19日に富士スピードウェイで行われる。それ以外の開催スケジュールについて変更はない。

 ちなみに、スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿と第2戦富士のインターバルとなる4月11~12日の週末にはスーパーGTの2020年開幕戦が岡山国際サーキットで行われる予定となっており、2020年4月前半は国内最高峰のレースにどっぷりと浸ることができそうだ。

■2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権開催スケジュール(9月26日時点)

Round Circuit Day
1 鈴鹿サーキット 4月3~5日
2 富士スピードウェイ 4月17~19日
3 オートポリス 5月16~17日
4 スポーツランドSUGO 6月20~21日
5 ツインリンクもてぎ 8月29~30日
6 岡山国際サーキット 9月26~27日
7 鈴鹿サーキット 10月31~11月1日