創業120周年を祝う限定車第2弾『フィアット500 120thタキシード』が登場

 数々の限定車を設定し、その魅力的な内容で楽しませてくれる『フィアット500(チンクエチェント)』に、ブランドの創業120周年を祝う限定車の第2弾となる『フィアット500 120th Tuxedo(ワンハンドレッド・ トゥウェンティース・タキシード)』が登場。オープンキャンバストップモデルの『500C』にも同限定車が設定され、9月19日より発売開始となっている。

 今回の限定車は、そのサブネームどおりフォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーションを受け、そのドレッシィな装いをカラーリングで表現したモデルとなる。

 エクステリアでは、3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフならびにピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーを取り入れ、まずはその色彩からフォーマルな雰囲気を演出。

 しかも通常のビコローレとは異なり、各ピラーの付け根の部分から色が切り替わる特別な配色を採用している。

 さらにアクセントカラーとなるブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイールや、専用120周年記念バッジも装備されるなど、上質な雰囲気もプラス。

 一方のインテリアでは、ブラックのインストルメントパネルや縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートにより、通常モデルとは一味違う、ブラック基調のシックな雰囲気に仕立てられている。

 パワートレインを含め、ベースモデルには装備が充実した1.2リッター自然吸気4気筒エンジン搭載モデルの『1.2 Lounge』がチョイスされ、バイキセノンヘッドライトやマニュアルエアコン、Beatsオーディオシステム(500のみ)、リアパーキングセンサー、ガラスルーフ(500のみ)などを標準で備えている。

 価格は消費税率の引き上げ前となる9月30日までは、185台限定の『500 120thタキシード』が264万1091円。100台限定の『500C 120thタキシード』が283万7455円に。10%に引き上げられる10月1日以降は、同269万円と289万円となる。

キャンバストップモデルの『500C』にも同限定車を設定。ブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイールを装備した
ブラックのインストルメントパネルや縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートにより、通常モデルとは一味違う、ブラック基調のシックな雰囲気に
バイキセノンヘッドライトやマニュアルエアコン、リアパーキングセンサーなども標準装備となる

500のみ、Dr.Dreの創設した人気ブランド、Beatsオーディオシステムやガラスルーフも備わる

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/120th_tuxedo/