メルセデスF1、全勝の地ロシアへ「記録は意味を持たない。シンガポールでの敗北を教訓に勝利を目指す」

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、シンガポールGPでの敗北は、新たな激しい戦いとなるロシアGPを前に、チームが「学び、改善する機会を与えてくれた」と述べている。

 大方の予想に反して、フェラーリがマリーナベイで高いパフォーマンスを発揮し、勝利をつかむこととなったが、相対的にメルセデスのレース運営が芳しくなかったという要素もあった。

 メルセデスのドライバーが表彰台に立てなかったのは今シーズン中まだ2回目だが、この予想外の不調はメルセデスのメンバーに警鐘として受け止められた。

「シンガポールは我々にとって厳しい週末となった。土曜日の強力な予選と、日曜日の戦略判断の双方を見れば、我々に勝機はあった。しかし我々は様々な理由により勝つことができなかった」とウォルフはロシアGPを前に語った。

「しかし今回のことは、過去のシーズンにおける成功において重要だった、慎重さと謙虚さを大切にすることを思い出させてくれた」

「レースの後、すぐに我々はシンガポールで何が誤りだったのかを分析し始めた。今回の教訓を利用して、学び、改善していく」

「こうした厳しい日々は、我々にさらなる強さを与えてくれる。これまでも、チームは弱さを強さに変えることができると幾度も証明してきた。それは今回も同じだ」

 ウォルフはシンガポールでのチームの力不足を強調したものの、「そのためにライバルが強さを発揮できたと考えるべきではない」とも語った。

「この7戦で我々は熾烈な戦いの真っ只中にいることが分かった。表彰台の最上段に登るためにも、常にすべての領域でベストを尽くす必要がある」

 メルセデスは2014年から5年連続でソチを制してきた。そのうちの3回はルイス・ハミルトンによってもたらされており、チームはロシアでは有利であると言える。しかしウォルフは、そのような統計に目を向けてはいない。

「近年、ソチは我々にとって有利なサーキットであったが、そのような傾向は一度コースに出れば意味を持たなくなる」とウォルフは語った。

「我々にとってこの週末は新たな挑戦になると予想している。そしてチーム全体がその挑戦を受けて立つ準備ができている」

「ここは、様々なコーナースピード、非常に滑らかなアスファルト、そしてターン2に到るロングストレートといった特徴を備えたコースだ。ソチのコース上での戦いを楽しみにしている」