「アルテッツァには1JZ-GTEエンジンがよく似合う!」コンパクトな4ドアFRターボが欲しいなら必見!

「アルテッツァには1JZ-GTEエンジンがよく似合う!」コンパクトな4ドアFRターボが欲しいなら必見!

違和感がなさすぎて目立たないのがデメリットか!?

 

街乗りからスポーツランまで1JZターボがカバーする!

奇想天外なエンジンスワップマシンを次から次へと繰り出すC&Yスポーツ。そんな同社が現実的なスワップチューンドとして一時提案していたのが、SXE10アルテッツァ+1JZ-GTEというパッケージ。

実用性の高い4ドアセダンをベースにすることで、仕事や通勤、休日のドライブに完全対応。チューニング次第ではサーキット、ゼロヨン、ドリフトなど、様々なスポーツユースに対応できるだけのポテンシャルを秘めている。

また、なによりアルテッツァは1Gなどの6気筒搭載モデルが存在していたこともあり、1JZ-GTEを換装してもバランスを大きく崩すことはなく換装できる。あらゆる意味でメリットが大きいのだ。

インタークーラーはブリッツのコアを使ったワンオフスペシャル。マフラーもブリッツから販売されているメインパイプ径80φのJZX110用ニュルスペックをチョイスしている。

2.5Lターボエンジンの搭載によって発熱が増えると、アルテッツァ純正ラジエターの容量では足りない。そこで1G搭載モデルの純正ラジエターをベースにコア増し。さらに、ローテンプサーモスタットも採用し、安定した冷却性能をあたえている。

組み合わせるミッションはR154と呼ばれるJZX110純正の新品を採用。強度の高さには定評のあるミッションで、600psあたりまでパワーを上げていっても耐えられるだけのポテンシャルがあるという。

エンジンを他車種用のものに交換すると、燃料の残量表示やトリップメーターに誤差が生じてしまうため、スタックメーターを装着。ただし、ブースト圧だけ表示されないので、ブリッツ製のメーターを追加している。

「アルテッツァでは、2JZやRB26を搭載した車両も作ってきたけれど、この1JZ仕様はもっとマイルドな、タウンユースとスポーツユースの両立を狙ったスタンダードな仕様かな。1JZ-GTEを搭載するチェイサーなどに比べても車重が軽いぶんよく走るし、意外に消耗品の寿命も長いんですよ」と、C&Yスポーツの知念さん。

なお、このスワップメニューは、ベース車両持ち込みで200万円〜(エンジン換装&公認手続き込み)という予算感だ。おもしろいベース車両がないと嘆く人は、一度C&Yを訪れてみてはいかがだろうか。

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325