新型フィット、スーパーカブベースの「CT125」を世界初公開するホンダ【東京モーターショー2019】

●コンパクトな2モーターハイブリッドを搭載した新型フィットがワールドプレミア

ホンダの東京モーターショー2019の出展概要が発表されました。

クルマは新型「フィット」、オートバイはスーパーカブベースの「CT125」が世界初公開モデルで、大きな注目を集めるのは必至でしょう。ワールドプレミアとなる新型フィットのほか、ジャパンプレミアとして、2020年初めに発売が予定されている新型「アコード」、そしてEV専用車の「Honda e(ホンダ イー)」が公開されます。

東京モーターショー ホンダ
ホンダ・ブースのイメージ

また、以前お伝えしたように、10月にマイナーモデルチェンジとして発売が予告されている「フリード」、Hondaのフラッグシップであるスーパースポーツモデル「NSX」、日本の軽四輪車新車販売で4年連続で第1位を獲得している、現代の国民車といえる「N-BOX」シリーズなど、市販車も多数展示されます。

東京モーターショー ホンダ
10月にマイナーチェンジを受ける新型フリードが登場

注目の新型フィットは、今回で4代目を数えとなる、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによる広いキャビンと、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルには、より小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載。従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が「心地よい」と感じるような、日常をさらに豊かにするクルマとして生まれ変わるとしています。

東京モーターショー ホンダ
ホンダ・ブース最大の注目は新型フィットになりそう

新型アコードは、北米でのリリースを皮切りに、世界中の発売国・地域で多くの賞を受賞し、高い評価を得ているそうで、ついに日本市場にも登場します。ロー&ワイドなプロポーションと流麗なシルエットに、ゆとりある室内空間を実現したそう。美しいスタイリングや使い勝手の良さだけでなく、リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめる上級ハイブリッドセダンとして、2020年初めの日本での発売予定になっています。

東京モーターショー ホンダ
新型アコードをジャパンプレミア

2019年9月にフランクフルトモーターショーで量産モデルを公開された「Honda e」。日本では、2020年に発売されます。同社が提案する都市型コミューターとして、力強くクリーンな走りと取り回しの良さをモーターと後輪駆動で実現したとしています。2画面の大型タッチパネルモニターやドアミラーに代わるカメラミラーシステムが搭載されたほか、コネクテッド技術や先進のAIを用いた音声認識機能「Honda Personal Assistant(ホンダ パーソナル アシスタント)」でユーザーの移動と暮らしをシームレスに繋げることを目指したそう。

東京モーターショー ホンダ
ピュアEVの「Honda e」。写真は欧州仕様

マイナーチェンジを受けるフリードは、5ナンバーサイズの取り回しの良いコンパクトボディと、広い室内を維持しながら、デザインを刷新。さらに、クロスオーバースタイルのデザインで、遊び心と力強さを表現した新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が新たなラインアップに加わります。マイナーモデルチェンジモデルの発売直後となる東京モーターショーでは、市販車の展示が行われます。

二輪車では、ワールドプレミアとして、世界中で多くのユーザーを魅了してきた「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズをベースにしたコンセプトモデル「CT125」が初公開されます。また、ビジネス用電動スクーター「BENLY e:(ベンリィ イー)」、電動三輪スクーター「GYRO e:(ジャイロ イー)」を展示。

東京モーターショー ホンダ
コンセプトモデル「CT125」が初公開される

ワールドプレミアのコンセプトモデル「CT125」は、オフロードの走破性に配慮したつくりと冒険心をくすぐるデザインで、スーパーカブシリーズの新たな価値を提案するコンセプトモデル。

かつての「CT」のコンセプトを受け継ぎ、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナーなどを装備しながら、シンプルで他にないスタイリングを獲得。普段使いの気軽さがありながら、自然の中でも楽しめる機能性を持ったトレッキングバイクというコンセプトを掲げています。

東京モーターショー ホンダ
電動三輪スクーターの「GYRO e:(ジャイロ イー)」

「GYRO e」は、Honda Mobile Power Packが搭載されたビジネス用の電動コミューター2モデルを世界初公開。ガソリンエンジンのモデルで培われた優れた積載性や耐久性、さまざまな場面で取り回しの良いボディサイズ、配達ボックスの装着を考慮した広く平らなリヤデッキなど、業務用車両に求められる商品魅力はそのままに、電動化によって環境性能と静粛性が引き上げられています。

東京モーターショー ホンダ
日本初公開される「CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission」

ほかにも、ジャパンプレミアとして「CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(アフリカツイン デュアルクラッチ トランスミッション)」「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(アフリカツイン アドベンチャー スポーツ イーエス デュアルクラッチ トランスミッション)」「ADV150」が公開されます。

東京モーターショー ホンダ
本格オーディオ機器向けの「LiB-AID E500 for Musicを世界初公開

ライフクリエーションでは、本格オーディオ機器向けの「LiB-AID(リベイド)E500 for Music」をコンセプトモデルとして世界で初公開されるほか、日本市場向けに販売されている船外機、発電機、乗用芝刈り機などの市販モデルも展示されます。また、着脱式バッテリーの「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」など、災害時も含めた暮らしとモビリティーをつなぐエネルギー関連技術の展示も見逃せません。

(塚田勝弘)