「鈴鹿2分7秒を目指すMoty’sカラーのド派手なR35GT-R!」高回転型の1000馬力で勝負!

「鈴鹿2分7秒を目指すMoty'sカラーのド派手なR35GT-R!」高回転型の1000馬力で勝負!

鈴鹿2分7秒を目指すストリートチューン+αのサーキットスペック

1000psオーバーの出力を確実にタイムに変えるセットアップ

派手なモティーズカラーに彩られたR35GT-Rは、フェニックスパワーが手がけたオーナーカーだ。元々はストリート仕様としてチューニングされてきたが、パワーチューニングが進むにつれ、走行ステージはサーキットでのタイムアタックに一本化していったそう。

それならばレーシングカーのごとくサーキット映えするマシンに仕上げようと、モティーズの承諾を得てこのカラーリングを施したという。ちなみに、イベントに展示する際に「北の大王」と冠された車名が表示されるのは、オーナーが北海道民だからだ。

このR35GT-Rのターゲットは鈴鹿サーキットでのラジアル2分7秒台。現在のところ、エアコンやオーディオ、内装類もほぼ残されているし、市販ハイオクガソリンを使用するなど、内容的にはストリートチューンに極めて近い内容のハイチューンスペックと捕らえて良いだろう。

気になるエンジン仕様は、鍛造ピストンとI断面コンロッドを組み込んだ3.8L強化エンジンにTD06SH改27Zタービンをセット。オリジナルのアプリケーションCPUでマッピングすることで、1055ps&129kgmというとてつもないパワーを発揮させている。

排気効率の高さが求められるマフラーはRH9のフルチタン100φ。φ90×2のY字センターパイプも付属するコンプリート設計で、大型タービンを想定したキャパシティを誇る逸品。

GR6ミッションは、10枚プレートのドットソン製クラッチキットたNEKOコーポレーションの強化ギヤを組み込んで1000psに対応させている。

フロントバンパースポイラーは、大きな張り出しで強力なダウンフォースを生み出すタイムアタックスペックのオリジナル。冷却系は純正オイルクーラーを生かしたダブルコアシステムがポイントとなっている。

車高調は細かなセッティングが可能な3ウェイ調整機構付きのアラゴスタで、スプリングはフロント24kg/mm、リヤ20kg/mmを組み合わせる。バリス製のワイドフェンダーには前後285サイズのポテンザRE-71Rが収まる。ホイールはアドバンレーシングGT(11J×20)だ。

インテリアは内装などがすべて装着された軽量化なしの状態で、もちろんエアコンも機能する。バケットシートはサーキットでしっかりとドライバーの体をホールドしてくれるレカロRMSをチョイスしている。

現在のベストタイムは2分11秒。ここからアテーサ制御を含めた足回りの総合的なセットアップが進めば、まだまだタイムアップしていくはず。目標記録到達もそう遠くない未来の話かもしれない。

●取材協力:フェニックスパワー京都店 京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157