ホンダF1がロシアでPUを戦略的交換、フェルスタッペンら4台がグリッド降格へ。地元クビアトは最後方からのスタート

 2019年F1第16戦ロシアGPでホンダF1のパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロロッソの4台にスペック4の新しいエレメントが投入されることが明らかになった。これにより4台すべてがグリッドペナルティを受けることになる。

 ロシアGP直前の木曜、ホンダはこの週末にレッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、トロロッソのダニール・クビアトとピエール・ガスリーのパワーユニットエレメントを交換することを発表した。

「シーズン残りレースのパワーユニット使用スケジュールを考慮し、ソチでは4人のドライバー全員のマシンに新しいスペック4のICE(エンジン)を投入する」とホンダは述べている。

「過去の交換スケジュールが異なるため、クビアトに関してはバッテリー以外のすべてのエレメントを交換し、グリッド最後方からのスタートになる」

「他の3人は5グリッド降格のペナルティを受ける予定」

 ホンダは最新仕様のスペック4をサマーブレイク明けの第13戦ベルギーGPで初めて投入。この時にはアルボンとクビアトのマシンに入れたが、レースまで使用したのはクビアトのみだった。続くイタリアではフェルスタッペンとガスリーのマシンにも導入され、4人がスペック4で走った。

 今回の戦略的交換は、ロシアGPの次に控えるホンダのホームグランプリ、日本GPを見据えてのものであると考えられる。ロシアでフレッシュエンジンを投入することで、鈴鹿に向けて4台に比較的走行距離が少ない状態のものが用意されることになる。

 ロシアはクビアトにとってホームグランプリだが、予選順位にかかわらず最後方から決勝をスタートすることが確定した。

2019年F1第16戦ロシアGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第16戦ロシアGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)