ブランパンGT:アウディの新型GT2カー『R8 LMS GT2』がバルセロナでレースデビューへ

 2019年7月初旬、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初披露されたアウディの新型GT2カー『アウディR8 LMS GT2』が9月28~29日、スペインのカタロニア・サーキットで行われるブランパンGTスポーツクラブで公式戦デビューを飾る予定だ。

 アウディR8 LMS GT2は、ステファン・ラテル率いるSROモータースポーツ・グループが“復活”させたGT2規格に合致した新型レーシングカー。その特徴は、多くの自動車メーカーが参入しているFIA-GT3規格のGT3カーと比べ、空力面ではややルーズだがパワーでは上回る点だろう。

 新GT2カテゴリー誕生の背景には、GT3カーがジェントルマンドライバー向きのマシンという当初の構想から外れ年々コーナーリングのパフォーマンスが向上した結果、プロドライバー向けのクルマになっていることが挙げられる。

 このような状況を鑑みたSROは2018年末、コーナーリング性能はGT3に劣るものの、パワーとトップスピードでこれを凌ぐ新GT2カテゴリーを新設することを表明。2019年9月現在はドイツ自動車メーカー2社がこれに対応したレーストラック専用モデルを製造している。

 今回、公式戦デビューが決まったアウディR8 LMS GT2はそのうちの1台で、スペインのカタロニア・サーキットで今週末行われる、ブランパンGTスポーツクラブの一戦にジェームズ・ソフロナスのドライブで初登場する予定だ。

 なお、ジェントルマン向けの同レースにおいて、GT2カーのエントリーはソフロナス駆るアウディのみ。当初はこのレースが、7月末のスパ・フランコルシャン24時間レースのサポートレースとして行われた『ポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツ』と『ポルシェ935』によるシングルメイクレース後、初めて開催されるGT2のマルチメイクレースとなる予定だった。

 しかし、ブランパンGTシリーズ/同エンデュランスカップ最終戦バルセロナのサポートレースとなる今戦にはアウディR8 LMS GT2以外のエントリーがなく、新GT2カーによる初のコンペティションの実現とはいかなかったようだ。

 同レースには7月末にベルギーのクラシックコースで行われた“ポルシェモータースポーツ GT2スーパースポーツカー・ウイークエンド”と呼ばれるシングルメイクレースにも参加していたソフロナスの他、GT3カーを駆る14名の選手が参加予定。イベントは28日(土)にプラクティスと予選、さらにレース1を実施。翌29日(日)はレース2が行われる。

 なお、この週末には開催地のバルセロナで、アウディとポルシェに続く第3のGT2メーカーが明らかにされる予定だ。

アウディR8 LMS GT2のリヤ。同じR8ベースのFIA-GT3カーと比べてエアロパーツは控えめだ。
アウディR8 LMS GT2のリヤ。同じR8ベースのFIA-GT3カーと比べてエアロパーツは控えめだ。
3台のポルシェ935と、12台のポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツが参加した『ポルシェモータースポーツ GT2スーパースポーツカー・ウイークエンド』のスタートシーン
3台のポルシェ935と、12台のポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツが参加した『ポルシェモータースポーツ GT2スーパースポーツカー・ウイークエンド』のスタートシーン