ホンダ、歴代F1マシンを東京モーターショーで展示。世界選手権参戦60周年コーナーにて

 ホンダは10月23日~11月4日、東京ビッグサイトで開催される第46回東京モーターショー2019に、同社の第1期F1活動時に初勝利を飾ったRA272や、現在パートナーシップを締結しているアストンマーティン・レッドブル・レーシングの2019年カラーモデルなど計5台のF1マシンを出展すると発表した。

 創業者本田宗一郎の宣言により、1959年に当時のFIMロードレース世界選手権マン島TTレースに挑戦したホンダは今年、世界選手権参戦60周年を迎えている。

 ホンダはこのメモリアルイヤーを記念し、6月末にMotoGP第8戦TTアッセンでのロードレース世界選手権参戦60周年セレモニーを開催。また、翌7月初旬にはイギリスのグッドウッドで行われたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでヒストックレーシングマシンの特別走行などを実施している。

 そんななかで決定した歴代F1マシンの東京モーターショー出展はホンダブース内に設置される“世界選手権参戦60周年記念コーナー”で展開予定。

 展示されるF1マシンは、1965年のメキシコGPでリッチー・ギンサーがステアリングを握りホンダ初のF1優勝を果たしたRA272をはじめ、1988年シーズン16戦中15勝という無類の強さを誇ったマクラーレン・ホンダMP4/4、ジェンソン・バトンのドライブで第3期唯一の勝利を飾ったRA106、ホンダ製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載して昨シーズンを戦ったトロロッソSTR13、そして2019年からPUを供給しているアストンマーティン・レッドブル・レーシングの2019年カラーリングが施されたRB14という合計5台だ。

 また、二輪車では世界選手権参戦60周年の始まりの1台となったRC142から最新マシンのRC213Vまで都合4台のレーシングマシンが会場に登場する。

1965年のメキシコGPを制しホンダ初のF1優勝マシンとなったRA272
1965年のメキシコGPを制しホンダ初のF1優勝マシンとなったRA272
2006年F1ハンガリーGPで優勝したホンダRA106(ジェンソン・バトン)
2006年F1ハンガリーGPで優勝したホンダRA106(ジェンソン・バトン)
MotoGPで活躍するホンダRC213V(マルク・マルケス)
MotoGPで活躍するホンダRC213V(マルク・マルケス)

■ホンダ 世界選手権参戦60周年コーナー出展車一覧

【四輪レーシングマシン】
・RA272(1965年F1メキシコGP優勝モデル)
・マクラーレン・ホンダMP4/4(1988年F1チャンピオンモデル)
・RA106(2006年F1ハンガリーGP優勝モデル)
・スクーデリア・トロロッソSTR13(2019年F1出場カラーモデル)
・アストンマーティン・レッドブル・レーシングRB14(2019年F1出場カラーモデル)

【二輪レーシングマシン】
・RC142(1959年FIMロードレース世界選手権マン島TTレース出場モデル)
・NSR500(1985年FIMロードレース世界選手権チャンピオンモデル)
・RC211V(2006年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスチャンピオンモデル)
・RC213V(2019年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラス出場モデル)

世界選手権参戦60周年記念コーナー
世界選手権参戦60周年記念コーナー
トロロッソ・ホンダSTR13(ピエール・ガスリー)
トロロッソ・ホンダSTR13(ピエール・ガスリー)
アレクサンダー・アルボン駆るRB15(アストンマーティン・レッドブル・レーシング)
アレクサンダー・アルボン駆るRB15(アストンマーティン・レッドブル・レーシング)