ホンダF1、ロシアGPで連続表彰台を目指す「日本GPに向けて勢いをつけるためにも、ポジティブな結果を出したい」

 ホンダF1は、2019年第16戦ロシアGPでレッドブルおよびトロロッソとともにポジティブな結果を出し、次に控えるホームグランプリの日本GPに向けていい流れを作りたいと考えている。

 前戦シンガポールではレッドブルのマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得、チームメイトのアレクサンダー・アルボンは6位、トロロッソのピエール・ガスリーは8位と、4台中3台が入賞を果たした。

2019年F1第15戦シンガポールGP 表彰台でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第15戦シンガポールGP 表彰台でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 ロシアGPが行われるソチ・オートドロームは、一部公道も含んだサーキットだが、路面のグリップは高い。長いストレートがありスロットル全開頻度が比較的高い一方で、18のコーナーの多くが低速コーナーであるため、セットアップでは最善の妥協点を見つける必要がある。
 ホンダは「次戦の日本GPへ勢いをつけるためにも、ロシアで好結果を目指す」としている。

「高速サーキットのモンツァ、低速なストリートサーキットのシンガポールという特徴的なトラックでのレースを経て、今回は比較的『普通のサーキット』と呼べるソチでのレースに臨みます」とホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは語る。

「ここは90度コーナーが数多く存在していることが特徴で、 パワーユニット(PU/エンジン)としてはシンガポールと同様にコーナー出口から速く立ち上がるためのドライバビリティが求められます。ストレートが長いことも特徴ですが、エネルギーマネジメントについては過去のデータもあるので、大きな問題になるとは考えていません」

「シンガポールではパフォーマンス的に難しい状況下で、表彰台を獲得することができました。今回のソチでもポジティブな結果を残すべく、限られた時間のなかでチームとともに準備を進めます」