中上貴晶選手が初優勝!? レイザーラモンRGがMotoGP日本グランプリを大胆予想!

■中上選手はMotoGPの八村塁!? 母国での活躍に期待度マックス!

●ツインリンクもてぎでMotoGPをたっぷり楽しむなら「キャンプ&フェススタイル」に注目

いよいよ開催が迫ってきた「2019 FIM MotoGP世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」。10月18日(金)~20日(日)、ツインリンクもてぎ(栃木県)を舞台に世界最高峰の接近戦が繰り広げられます。

MotoGP日本GPスタートシーン
10月20日(日)に決勝が開催されるMotoGP日本グランプリ(ツインリンクもてぎ)。

今年のMotoGPはマルク・マルケス選手(ホンダ)が圧倒的な強さを誇っており、第15戦タイ(10月6日決勝)の結果次第では年間チャンピオンが決定する可能性があります。

しかし、もしそうなってしまったとしても、がっかりすることはありません。日本グランプリは歴史に残る絶対王者マルケス選手の全盛期の姿を間近に見ることができる貴重なチャンスなのですから、ぜひツインリンクもてぎを訪れてみてはいかがでしょうか。ひょっとしたら20年後、「お爺ちゃんはマルケスの走りをナマで見たことがあるんじゃよぉ」と孫に自慢ができるかもしれません。

マルク・マルケス選手
14戦中8勝、2位5回でリタイヤが1回あるのみ。ランキング2位を98ポイント引き離して首位を独走しているマルク・マルケス選手。

前売チケットは好評発売中です。すでに売り切れの席もあるので、早めのチェック&購入が吉ですよ。詳しくは、MotoGP日本グランプリのホームページ(https://www.twinring.jp/motogp/)をご確認ください。

●前夜祭にMotoGP全ライダー登場! キャンプ泊なら夜も満喫できる

日本グランプリの会場となるツインリンクもてぎでは、様々な魅力的なアトラクションを用意して観客を楽しませてくれます。

オススメな観戦方法の一つが、「キャンプ&フェススタイル」です。2018年にはなんと2万人がキャンプと車中泊で場内に滞在し、レースだけではなく、前夜祭や映画、グルメを堪能しました。今年はさらに多くの来場者が宿泊できるよう、そのエリアが拡大されています。

MotoGP日本グランプリのキャンプエリア
キャンプ&車中泊ができるエリアが用意されています。

ヨーロッパではキャンプや車中泊をしながらグランプリウィークを過ごすのが定番ですが、ツインリンクもてぎではクラフトビールや鮎の塩焼きが楽しめるグルメスペースをはじめ、セブン・イレブン特設店舗やモバイル充電用電源などホスピタリティが大充実しているのがポイント。女性や家族連れも快適に楽しい夜を過ごせることでしょう。

フードエリア
キャンプエリアにはフードスペースが登場。ご当地グルメを堪能しましょう。
セブンイレブン
セブン・イレブンも臨時出店。あいててよかった!

そして今年の前夜祭は、なんとMotoGPクラスの出場全ライダーの出演が決定しています。全MotoGPライダーが出演するステージは日本グランプリだけ。走行を終えてリラックスした表情でトークショーに臨むトップライダーの姿を拝める機会は滅多にありません。18日(金)と19日(土)の両日、16時~19時に開催が予定されていますから、ファンは見逃し厳禁です!

トークステージ
MotoGP前夜祭には、MotoGP全ライダーが出演し、トークを披露してくれます。

●決勝日だけの観戦ならパーク&バスライドもあり

ということで、本来ならば18日(金)からツインリンクもてぎ入りして、たっぷりと3日間、MotoGP漬けになっていただきたいところですが、どうしても都合が付かずに決勝日だけ観戦する、という方にご紹介したいのが「パーク&バスライド」です。これは最寄りの場外の臨時駐車場まで自家用車で訪れて、そこから先はバスで移動するというもの。場内での駐車場混雑を避けることができるのがメリットです。

9月21日からは、「日本自動車研究所・城里テストセンター」が臨時駐車場となった「バスライドパーキングBエリア」が前売2,000円(消費税8%込)、当日3,000円(同)で発売開始となっています。水戸方面からのアクセスを考えているなら、こちらの利用が便利です。ただし、別途観戦券が必要なのでご注意ください。

パーク&ライド
城里テストセンターが指定駐車場となるバスライドパーキング Bエリア。

●盛り上げ役として大活躍(予定)のレイザーラモンRG参上!

さて、そんな盛りだくさんの日本グランプリをさらに盛り上げてくれるのが、レイザーラモンRGさんです。RGさんといえば、バイク芸人が主なメンバーの「RGツーリングクラブ」のリーダーとしても有名な存在。最近、名車CB1100RをモチーフにドレミコレクションがカスタムしたホンダCB1100を購入するなど、バイクにどっぷりハマっています。

レイザーラモンRGともてぎエンジェル
もてぎエンジェルとともにクリッカー編集部を訪れたレイザーラモンRGさん。

今年もRGさんは、レースウィーク中はフル稼働の予定。仲間のバイク芸人と一緒に前夜祭に登場したり、ツインリンクもてぎ周辺で行われるパレードラン(グランプリロードR123パレード)に参加したりと大忙しです。「吉本興業のイベントでもここまで働きませんよ。でも、ツインリンクもてぎさんのためならナンボでもやります。サーキット内の各地に出没して、皆様を飽きさせないよう頑張ります!」と、抱負を語ってくれました。

前述した通り、レースウィーク中はN5駐車場がキャンプや車中泊ができるエリア(オーバーナイトスクエア)として夜間開放されているのですが、RGさんはそこにも来場予定です。「今、空前のキャンプブームが来てます。RGツーリングクラブにもキャンプ達人のとろサーモン・村田がいますから、そいつを連れて行きます」とRGさんは助っ人の投入を宣言しました。

キャンプファイアー
レイザーラモンRGさんはオーバーナイトスクエアに来場予定。

さらにRGさんは「RGツーリングクラブのコネを最大限に使って、レジェンドライダーも連れて行きますよ」と予告。その候補の一人は中野真矢さんとのこと。「中野さんは、RGツーリングクラブのメンバーでもありますからね。それと中野さんのショップ(56デザイン)は千葉にあるんですが、先日の台風で大きな被害を受けた千葉を応援する意味でも、機会があれば56デザインさんにぜひ足を運んでください」と、ツーリング仲間にエールを送っていました。

語るレイザーラモンRGさん
MotoGPについて語り始めるとだんだん身振り手振りが大きくなってくるレイザーラモンRGさん。

さて、バイクだけではなくMotoGPに関してもかなりのマニアであるRGさん。テレビ中継の解説を務めるチュートリアル・福田充徳さんから色々と教えてもらっているそうです。
「MotoGPって、聞けば聞くほど奥が深いんですよねぇ。例えば、最近ヤマハの調子が今ひとつじゃないですか。ヤマハのエンジンはインラインフォー(直列4気筒)ですけど、それはV型4気筒に対して…(以下略)」と語り始めたら止まらないくらいです。

●MotoGPの表彰台に立つのは中上、リンス、ドヴィツィオーゾ!?

そんなRGさんに、今年の日本グランプリの表彰台メンバーを予想していただきました。ではRGさん、3位は誰でしょうか?
「もしマルケス選手がチャンピオンを決めた後だったら、そんなに気合が入っていないので他のライダーにチャンスがあるはずです」と前置きした上で、「最近、キング・オブ・コントでどぶろっくが優勝しましたね。どぶ…どび…どゔぃ…からのドヴィツィオーゾでしょう! どぶろっくとアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手はお互い苦労人というところも共通してますから、彼らは応援したくなりますね。ドヴィツィオーゾ選手はツインリンクもてぎが得意ですし、期待できます」。まさか、どぶろっくとドヴィツィオーゾ選手が結び付くとは思いもしませんでした。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ
ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手。2勝でランキング2位。お茶目なところもあります。

続いて、2位はいかがですか?
「スズキのアレックス・リンス選手です。ボクは今、M250S(スズキの250SBをベースにヨシムラがカスタムしたモデル)というバイクにも乗っているんですけど、マニュファクチュアラー推しです」。ちなみにRGさんは、昨年、細川たかし師匠の髪型にサングラスをかけて、スズキの青いジャケットを着て青木宣篤さんのモノマネをしていたところ、チームスズキエクスターのスタッフに大ウケだったというエピソードもあります。

アレックス・リンス
スズキのアレックス・リンス選手は今年大ブレイク。2勝を上げてランキング3位。

さぁRGさん、優勝はいったい誰だと思いますか!?
「ズバリ、中上貴晶選手でしょう! バスケの世界では八村塁選手が話題になっていますが、選ばれしMotoGPライダーの一人である中上選手は同じくらいスゴい人だと思います。中上選手はすでに世界を相手に戦っていますが、八村選手はまだNBAでは試合してませんし(笑)。中上選手は最近、調子を上げてきてますから、上位陣が崩れたら可能性がないわけじゃないですよ!」と大胆予想。これが実現したら、ツインリンクもてぎは大フィーバー間違いなしです。

中上貴晶
我らが中上貴晶選手(ホンダ)。昨年よりも確実に速さを増しています。ランキングは12位。

RGさんは、Moto2とMoto3でも日本人の活躍に期待しています。「Moto3はひょっとしたら、表彰台独占だってあるかもしれません」と分析。

ちなみに、現在、ラグビー日本代表キャプテンであるリーチ・マイケルさんのモノマネがヒットしているRGさんですが、バイクでもネタを模索しているそうです。それは決してお笑いのためだけではありません。

「リーチ・マイケルさんのモノマネをすることで、多少なりともラグビーの普及に貢献できたかな、とボクは思っているんです。同じことが、MotoGPでもできたらいいですね。側面からもMotoGPの盛り上げに貢献できれば」と、いつになく真剣な表情で語るRGさん。

「例えばもみ上げを伸ばして『ロン・ハスラム』っていうのはどうですかね? スズキの鈴木会長っていう案もあるんですが…えっ、それだったらホンダの八郷社長の方がいいですか? うーん、黒縁メガネがあればいけるな…」と、真面目なんだか不真面目なんだかよく分からなくなってきましたが、ひょっとすると日本グランプリでRGさんの新作モノマネを見ることができるかもしれませんよ!

ネタの相談中のレイザーラモンRG
もてぎエンジェルと一緒にバイクモノマネについて検討を重ねるレイザーラモンRGさん。

最後に、RGさんに例のやつをお願いしてみました。

「MotoGPあるある〜、『マルケスとロッシ、シーズン後半になると揉めがち』」

レイザーラモンRGさんとパネル
レイザーラモンRGさんに会いに、ツインリンクもてぎに行こう!
もてぎエンジェル
もてぎエンジェルの五十嵐あいるさん(左)と三春和香奈さん(右)。「ツインリンクもてぎあるあるは?」とお聞きしたら、「帰り道でイノシシに出会いがち」と教えてくれました!

(長野達郎)