メルセデスF1、フェラーリ勢逆転を狙いリスクを負うも奏功せず。後続を抑え続けたボッタスに賛辞

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、F1第15戦シンガポールGPの決勝レースについて、リスクを犯してフェラーリへのオーバーカットを試みたものの、戦略は機能しなかったと述べた。

 シンガポールGPの決勝レース後、メルセデスのスタッフは怒りを覚えていた。レースではルイス・ハミルトンが4位、バルテリ・ボッタスが5位に終わったのだ。

「大きなチャンスを逃したのは予選だと思う。シンガポールでは予選が最も状況を左右するのだ」とウォルフは語った。

 予選ではハミルトンが2番手、ボッタスが5番手だった。しかしレースですべてのピットストップが終わってみれば、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップ、チームメイトのシャルル・ルクレールが2番手、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが3番手となっていた。

 つまり早めのピットストップによって、フェラーリはメルセデスをアンダーカットし、コース上で前に出たのだ。

「我々は、フェラーリを驚かすことさえできたかもしれない効果の高いアンダーカットのチャンスを失った」とウォルフは認めた。

「それ以降はマックスに対して順位を守ることと、可能性は少なかったかもしれないが優勝を目指すことがすべてだった。だが我々は、その状況でバルテリのサポートによって3位を犠牲にするリスクを犯すことにした」

 この戦略についてウォルフは、フェラーリをオーバーカットするためにハミルトンをステイアウトさせ、ボッタスにはペースを落として後続を抑えるように指示を出していたことを明かした。

「アンダーカットは誰が予想するよりも効果があった。フェラーリはセバスチャンを先にピットストップさせることで、ドライバーの順位を入れ替えることを望んでいなかったと思う。そして我々はルイスの順位についてリスクを取り、彼をステイアウトさせて優勝を狙った」

「これがバルテリのスピードを控えさせて、(アレクサンダー)アルボンを後ろに抑えた理由だ。なぜならルイスはアルボンの後ろに出てくるところだったからだ」

「だがバルテリがそうしたにもかかわらず、全体的なチームの結果は悪いものになった。あの順位は彼のおかげだ」

「彼(ハミルトン)を早めにピットストップさせるべきだっただろうか? それはノーだ。あの段階で我々は1位と2位を失っていた。マックスに対して3位の座を守ることがすべてだったのだ。タイヤは十分に使えると感じていたし、我々がオーバーカットする唯一のチャンスだった」

「ランス(ストロール)や(アントニオ)ジョビナッツィの周りに多くのマシンがいて、フェラーリ勢はすぐに追いついてこようとしていた。だから彼らの集団がフェラーリの2台を足止めしてくれることを期待した。だが実際は、いつの間にかルイスのタイムがジョビナッツィのタイムを下回り、それが我々にとってのゲームオーバーだった」