スーパーフォーミュラ:中山雄一がTEAM LEMANSから第6戦岡山にスポット参戦。マルケロフはF2ソチへ

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しているUOMO SUNOCO TEAM LEMANSは9月28~29日に開催される第6戦岡山国際サーキットで、レギュラー起用しているアーテム・マルケロフに代わって、中山雄一を起用すると発表した。

 UOMO SUNOCO TEAM LEMANSは片岡龍也監督指揮のもと、マルケロフの7号車と大嶋和也の8号車の2台体制でシリーズを戦っている。

 しかし、9月28~29日に開幕が迫った第6戦ではマルケロフが欠場。代役として中山が7号車のステアリングを握ることがアナウンスされた。

中山雄一(carrozzeria Team KCMG)
2018年のスーパーフォーミュラ第5戦岡山にスポット参戦した中山雄一

 中山がスーパーフォーミュラに参戦するのはスポット参戦した2018年第5戦以来、およそ1年ぶり。しかし、2019年に登場した新型シャシーであるSF19をドライブするのは、今回が初めてだ。

 自身のTwitterを通じて、中山は「今週末行われるスーパーフォーミュラ岡山大会に参戦することとなりました。チームルマン様、TRD様、トヨタ自動車様、大変感謝いたします。SF19をドライブできること、とても嬉しいです! レースのフィニッシュまでとにかく全力で走りたいと思います!!」と意気込みを明かしている。

 なおマルケロフ欠場の理由については、同じ週末にロシア・ソチで開催されるFIA-F2第11戦に出場するためと説明されている。