TE37のクロスカントリーモデルX、ジムニー専用のブラックカラーを設定|ホイール カスタム

ハードな走行シーンに相応しい鍛造モデル

RAYS VOLK RACING TE37X UL

レーシングを根幹とするメーカー、レイズにとって、最も象徴的なブランドとなるのがボルクレーシング。中でも伝説的な名作として語られるTE37が、新たに目指した舞台がクロスカントリー。走りを磨くなら、必見だ。

マシニングロゴも採用したスタイリッシュさも武器

TE37はそもそもがサーキットを念頭に置いたスポーツモデルだが、実は時代や目指すべきフィールドに合わせ、常に進化と変化を遂げ続けているホイールでもある。ゆえにそのスピンオフモデルは多種多用に存在し、より強度を求めたモデルやラージピッチ対応モデル、軽自動車用モデルなど、さまざまなTE37がこれまでに登場してきている。
このTE37X ULも、そんな名作の進化形のひとつ。サーキットやストリートではなく、本格的なクロスカントリーをターゲットフィールドに開発されているのがその特徴で、つまりジムニーをはじめとするSUV&4WD系にとっては、まさにうってつけに仕上げられたTE37となっている。
最大のポイントは、ハードな走行環境でも問題なくクリアできるだけの強靭さを手に入れたこと。TE37自体がそもそも高剛性なのだが、このTE37X ULではJWL‐T規格への適合も実現するなど、パッセンジャー向けよりもさらなる強さにこだわっているのが特徴。もちろん鍛造製法を採用するため、タフな走行シーンでもバネ下の負担を軽減できるなどメリットは実に多彩だ。
ちなみにウルトラライトは、スポークに刻まれたボルクレーシングのマシニングロゴや、リム部に描かれたメイドインジャパンのマシニングロゴなどで、プレミアム性にも配慮した仕様。
強靭なだけでなく、鍛造モデルに相応しい優越感も備えられている。
レーシーでTE37らしさが味わえるブロンズカラーも魅力だが、どうせ履くならジムニー専用色として設定されたブラストブラックが狙い目。表面がザラッとした仕上げとなる、ひと味違ったブラックカラーで、スポークエンドのリブラインが切削痕を残したマシニング仕上げとなるのも魅力。精悍な雰囲気も、ジムニーにベストマッチ。

SPECIFICATION
SIZE  INSET  HOLE  P.C.D  PRICE
16×5.5J 20 5 139.7
ブラストブラック5万6000円(税別)


ジムニー専用カラーとして設定されたブラストブラックは、ボルクレーシングとしても初採用の特別なブラック。表面にザラッとした質感が残るのが特徴で、ややワイルドさが薫る色味だからクロスカントリーに最適。

6本のスポークのうち1本に、マシニングによるボルクレーシングのロゴを採用しているのがプログレッシブモデルの特徴。力強さを加速させるのにも効果的。

ブラストブラックの場合、ディスクエンドをぐるりと一周走るリブラインが、切削痕をあえて残したマシニング仕上げとなっている。スペシャル感もバツグン。

TE37の好バランスな6スポークデザインはそのまま継承。そこに、クロスカントリーフィールドにも対応できる強靭さをプラスしている。もちろん鍛造製法。

標準のセンターはオープンタイプだが、オプションのラージセンターキャップを装着することも可能。もちろんスズキ純正にも対応だ。リム深度も適度に確保。

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]