STC2000第8戦:予選ウエイト回避の戦略を採ったルノー・フルーエンスGT、ミラが初優勝

 世界的ツーリングカーの名手を多数輩出するアルゼンチン屈指の人気シリーズ、スーパーTC2000(STC2000)の2019年シーズン第8戦がサン・フアンで開催され、予選トップ3に課されるペナルティウエイトを回避する戦略を採用したマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)が、シリーズ初優勝を飾った。

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権が2リッターの直列4気筒直噴ターボを搭載したのと時を同じくして、この南米大陸の人気シリーズもこれまで使用してきた超コンパクトな2.7リッター自然吸気V8に別れを告げ、フランス・オレカ製のワンメイク直噴ターボを採用した。

 この2リッター直列4気筒直噴ターボは、シリーズに参戦するトヨタ、ルノー、フィアット、シボレー、ホンダ、シトロエンらの各ワークス車両に搭載されるが、ボディワークを含めたエアロ形状は開幕前に各社合同での風洞試験を経てフィックスされている。

 そのホモロゲーション申請で最適解を見つけたのがルノースポール・アルゼンティーナと、トヨタ・カローラを走らせるTOYOTA GAZOO Racing YPFインフィニアで、選手権争いでも2強を形成。9月14~15日にサン・フアン州エル・ゾンダにある特徴的な立体交差を持つアウトドローモ・エル・ゾンダで争われた予選では、まさかのQ1敗退を喫したトヨタ陣営に対し、ルノー・フルーエンスGTは3台が“スーパー・シックス”セッションに進出した。

 すると4番目に出走したシボレーYPFチームの2016年チャンピオン、アグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)が1分11秒970のトップタイムを記録し、フィアットDTAレーシングのマリアーノ・ウェルナー(フィアット・ティーポSTC2000)、選手権首位のリオネル・ペーニャ(ルノー・フルーエンスGT)、そして僚友のベルナルド・レイバー(シボレーYPFクルーズ) らを従えてポールポジションを獲得。

 一方、ポイントリーダーのペーニャにアタックを敢行させたルノースポール勢は、チームの3台で戦略を分け、今季第5戦から導入された予選上位勢への“ペナルティウエイト”搭載を回避するべく、マティアス・ミラとシリーズ2連覇中のファクンド・アルドゥソ(ルノー・フルーエンスGT)の2台をノータイムとし、それぞれ5番手、6番手グリッドで決勝に挑むことを選択した。

 するとこのルノー勢の戦略はズバリと的中し、60kgものウエイトを積んだポールシッターのカナピノは、スタートで良い蹴り出しを見せたにも関わらず、競争力あるレースペースが維持できず早々に後退。

8の字交差を持つアウトドローモ・エル・ゾンダ。金曜には市内のホールでファンを集めた前夜祭も催された
予選“スーパー・シックス”で4番手の出走だった2016年チャンピオン、アグスティン・カナピノが最速を記録
しかし予選ペナルティウエイトが効果を発揮し、ポールシッターはずるずる後退する苦しいレースに

 その背後ではフィアットのウェルナーとシボレーのレイバーがコース半周にわたってサイド・バイ・サイドのバトルを展開すると、シケインをカットしたレイバーが背後にいたポイントリーダー、ペーニャのルノーに接触し、フルーエンスGTは堪えきれずにスピン。このアクシデントに対し、レイバーにはすぐさまドライブスルー・ペナルティが宣告される。

 選手権首位のチームメイトが最後尾近くまで転落したことで3番手に浮上したミラは、ウェルナーのフィアットもかわして2番手に浮上。前を行くレイバーはペナルティ消化のためピットへ戻ることが確定的なため、実質のレースリーダーに浮上する。

 しかし、その後も2周にわたってコース上に留まったレイバーは、そのままミラとの首位バトルを展開。これに対しレースコントロールは黒旗を掲示し失格処分を言い渡すと、その翌ラップにピットロードへと向かったレイバーは、なんと最後にミラのマシンと軽いコンタクトを見せる悪態で、レースを去ることに。

 8周目にはミラが隊列を引っ張り、2番手にウェルナー。その背後には、予選Q1の失態から挽回を見せる、トヨタ・カローラ勢のマティアス・ロッシとジュリアン・サンテロが上がってくる。とくにロッシはポールポジションの3ポイントを手にしていたら、その時点でポイントリーダーの可能性もあっただけに、レースでは軽いマシンも利して怒涛の追い上げを披露。

 14周目にはカローラの2台ともに2番手のウェルナーを仕留めて、トヨタが表彰台圏内に浮上する。この2台のうち、レース後半に入るとペースが落ちピットへと向かった3番手のサンテロとは対照的に、エースのロッシは首位のルノーに対しラップあたりコンマ2秒も速いペースで周回し、10秒から8秒へとギャップを削っていく。

 しかし、38周のレースでは勝利の権利を得るには届かず。そのまま逃げ切ったミラが自身初となるSTC2000優勝を飾り、ロッシは2位。そして最後の表彰台にはチームメイトをかわしたフィアットのマティアス・ムニョス・マルケージ(フィアット・ティーポSTC2000)が入っている。

 これでトヨタのエース、ロッシが125ポイントで今季初の選手権首位に浮上し、ペーニャは115ポイントで2位に転落。ランキング3位は、オープニングの混乱で大きくポジションを落としていた王者アルドゥソが90ポイントで続く展開となっている。

 2019年STC2000シーズンは残り4戦。続く第9戦は10月5~6日の週末にアルゼンチンを代表するワインの産地、メンドーサ州に位置するサン・マルティン・サーキットで争われる。

首位バトルから一転、遺恨を残す去り方となったシボレーYPFのベルナルド・レイバー
予選Q1敗退から怒涛の追撃を見せたトヨタ勢。エースのマティアス・ロッシは2位まで這い上がった
ルノー、トヨタ、フィアットのファクトリー支援チームが表彰台を分け合う結果に