新手法の妙! ハーフだけど大胆にルックスが変わるエアロ|クールプレミアム|60ハリアー カスタム

空力重視のエアロフォルムでスポーツムードを上昇!

KUHL PREMIUM 60H-SSⅡ

スポーティかつ、立体的に魅せるハーフを提案するクール。フロントは純正バンパーのロアグリルから交換する構成。
サイドステップは塗り分けにより二段風のデザインに。リアは迫力の4本出しと組み合わせができるモデルと、純正バンパーから吊り下げ風になっている2種類を展開と、各部で特徴的なアプローチをとっている。
すべてのエアロは走行風の流れにも考慮した実用設計であることもウリだ。ちなみにデモカーは、スポーツのイメージを強調すべく、ボンネット先端部やドアの純正メッキをボディ同色に。あえてメッキを減らす技も参考にしたい。

1 フロントハーフスポイラー

純正バンパーの底辺部だけを加飾するハーフが多いが、クールの後期用はあえてロアグリル部分から付け替える新しい手法を採用。粉体塗装のネットを張った開口部の塗装も変更し、内側をブラックに。色の使い方ひとつで、見た目の印象も変わる。

2 サイドステップVer.2

彫り深い窪みによる3D感が、じつにクールらしいサイド。塗り分けることで末端部が別体風にも見える。エアロにより視線が集め、スポーツ感を高めるべく、純正ドアパネルにあるメッキをあえて同色化。ドアメッキはかなり目立つため、効果的だ。

3 リアハーフスポイラー

クールイズム全開の4本出しマフラーとの併用が前提となるが、純正バンパーもしっかりと活かすことで迫力あるフォルムを構築できるハーフ。底辺部をブリッジ状に立ち上げ、フィンを盛り込んだ。ディフューザーが浮いている様に見える。

4 フロントグリルVer.2

純正レーダー装置をそのまま継承できるグリルは、開口部を明確化したフィンデザイン。

5 スラッシュ4テールマフラー

ヒートブルーカラーが目に付く、太めの100φの真円マフラー。外側へ向けハの字に開く。

KCV01

KCV02

大胆なコンケイブフェイスや、マッチングしやすいサイズバリエーションで知られるヴェルズホイールズ。なかでも注目はKCV01。デモカーが装着する赤×黒は、限定カラーモデル!

PRICE LIST

【AERO PARTS】
1 フロントハーフスポイラー 未6万9000円/ 塗9万9000円
2 サイドステップVer.2 未5万9000円/ 塗8万9000円
3 リアハーフスポイラー 未5万9000円/ 塗8万9000円
4 フロントグリルVer.2 未4万5000円塗7万円
【OTHER PARTS】
5 スラッシュ4テールマフラー 12万8000円
【WHEEL&TIRE】
6 ホイール/
運転席側 ヴェルズホイールズ・KCV02(21×10.0J+30) 11万2000円
助手席側 ヴェルズホイールズ・KCV01(21×10.0J+30) 11万2000円
■タイヤ/ファルケン・アゼニスFK453(245/35)
※ 未…未塗装、塗…塗装済み
※塗り分け塗装の場合は、塗装済み価格+1万5750円
※価格はレギュラーグレードの場合
※デモカー装着のKCV01は限定色・価格は直接お問い合わせを

TRY! COMPLETE CAR
クール製品を取り扱うサテライトショップではコンプリート販売も積極展開中!
【KUHL PREMIUM名古屋】●愛知県春日井市坂下町6-912-1 ☎︎0568-93-0353
【KUHL RACINGさいたま】●埼玉県さいたま市見沼区中川746-1 ☎︎048-812-4522

OTHER TYPE OF REAR SPOILER !


■リアフローティングディフューザーVer.2 未4万9000円/ 塗7万円

リアにはこんなフラップモデルも!
シンプルに楽しみたいというオーナーには、4本出しマフラーを併用せず、純正バンパーにも手を付けない、吊り下げ風のフローティングディフューザーをオススメ!
純正バンパーの底面に貼り付けるフラップだが、抑揚あり、フィンありと、手応え高し。

アピール度満点の、ワンオフ特殊塗装も!

クールグループの塗装工房が仕上げる、圧巻のペイントワークも見所。光の当たり加減で模様が浮かび上がる、ボンネット全面に施したゴーストペイントは約25万円〜。端部分のロゴが入っている削りライン加工は約10万円〜。ハイレベルなクルマを目指すならぜひ!

スタイルRV Vol.139 トヨタ ハリアー No.9 2019年8月26日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]