圧巻の見応え。トヨタ・ランドクルーザー・シリーズの世界累計販売台数1,000万台超を記念した特設ホームページが開設

●ロングセラーカー・ランドルクルーザーの歴史を辿るスペシャルサイトがオープン

以前お伝えしたように、ついにグローバル販売台数1,000万台の大台をクリアしたランドクルーザー・シリーズ。2019年8月末までに1,001.5万台(トヨタ調べ)となり、これは1951年8月1日のトヨタジープBJ型の発売以降、68年間で達成した数字になります。なお、ランドクルーザーは、トヨタで最も長い歴史を持つモデル名(ロングセラーカー)でもあります。

トヨタ・ランドクルーザー・シリーズ
初代は1951年のランドクルーザー(BJ)

今回、ランドクルーザー・シリーズの世界販売台数1,000万台突破を記念した特設ホームページも開設されています。

トヨタ・ランドクルーザー・シリーズ
トヨタ・ランドクルーザー・シリーズのグローバル販売台数1,000台超を記念した特設ホームページ

「行きたい時に、行きたい所に行って、必ず帰ってくることができる」世界一ではなく唯一無二の存在、というコピーを掲げた同サイトでは、歴代ランドクルーザーの歴史、家系図ばりの車両系統図、歴代モデルの概要などが紹介されています。

車両紹介は、「Station Wagon(55/60/80/100/200)Series」「Heavy Duty(BJ/20/40/70)Series」「Light Duty(70/90/120/150)」の3つにカテゴライズ。

トヨタ・ランドクルーザー・シリーズ
1984年の70系のエクステリア

1台ピックアップすると、初代である1951年のランドクルーザー(BJ)は、GHQによるポツダム政令により誕生した警察予備隊(現在の陸上自衛隊)向けに計画された車両で、小型トラックSB型用のシャシーを四輪駆動用に改造し、「AA型」や「AC型乗用車」に搭載されていた6気筒の3400ccのB型ガソリンエンジンを搭載。

大排気量エンジンにより高い性能を示し、実績があることを理由に「三菱ジープ(北米ウィリス・ジープのライセンス生産車)」が正式採用されることが決定し、これを機に「トヨタ・ジープ」が民生用に転換され、1953年に量産を開始。そして「ジープ」の名がウィリス・オーバーランド社の商標であることから、1954年6月に車名が「ランドクルーザー」に変更されています。

写真ギャラリーも用意されています。「IMAGES」には、トヨタ所蔵資料の中から、ランドクルーザーの歴史を彩る選りすぐりの画像をチェックするだけでなく、ダウンロードもできます。

トヨタ・ランドクルーザー・シリーズ
登場から50年以上経っても現役で活躍しているという40系

さらに、「ブランドサイトはこちら」をクリックすると、ランドクルーザー・シリーズのブランドストーリーを動画でもチェック可能。世界150カ国で活躍しているランドクルーザーの勇姿を確認できます。

ランドクルーザー・シリーズの歴史と世界での活躍などを目撃できる特設ホームページは、オーナーやファンなら必見のサイトに仕上がっています。

(塚田勝弘)