リカルド「リズムに乗って状況を最大限に活かしたが、パンクですべてが台無しに」:ルノー F1シンガポールGP日曜

 F1第15戦シンガポールGPの決勝レースが行われ、ルノーのダニエル・リカルドは14位に終わった。

 予選でパワーユニットのMGU-Kに規則違反が見つかったリカルドは、予選結果から除外され、最後尾からレースをスタート。ポイント圏内まで順位を上げていたが、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)を抜きにかかった際に接触し、タイヤがパンクしてしまう。これによりピットインを余儀なくされ、リカルドは最終的に14位でレースを終えた。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=14位
 長い1日だったが、こんな結果に終わって残念だ。スタート直後は楽しかったよ。何度かいいオーバーテイクが決まって、まあまあのポジションまで上げることができた。その時点では、これはイケそうだと感じていたし、リズムにも乗れていた。自分にできることは全部やって、みんながペースを抑えて長い列ができている状況を、最大限に生かしていた。

 ところが、あの出来事(アントニオ・ジョビナッツィとの接触)とパンクですべてが台無しになり、僕のレースは事実上終わってしまった。今日はもっといい成績を残せたはずだよ。